ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第206回 例会報告

新年最初の第206回桜坂通常例会が、いつもの東急東横線多摩川駅そばの
「せせらぎ公園集会室」にて快晴の下、開催されました!

b0160959_18361031.jpg


例会の最初に今期2人目の新メンバーの入会式がありました。

桜坂メンバーもこれで17名となりました171.png

新たなメンバーが、更に桜坂トーストマスターズクラブを盛り上げて下さいます162.png

今回のTMOM(司会)は、本日の例会のアジェンダを作成するにあたって、前日当日と、こまめにメールなどでやり取りして下さいました。

また、今回がご本人にとって初司会の役割でした。

最初に、今年一年の幕開けです、と新年一回目にふさわしい挨拶でスタート!

スピーチ① AC 特別な機会のスピーチ
#1 乾杯の音頭を取る
「せせらぎ公園に乾杯」

今年初スピーチは、この桜坂トーストマスターズクラブの創設者oさん。
何やら、がさごそ。。。

なんと、hさんより寄贈して頂いたワインの登場です。
(hさん、いつもありがとうございます!)
ワイン片手に華々しい乾杯のスピーチ(2分~3:30以内)は、粋な選択ですね。


スピーチ② cc7 トピックのリサーチ
「宇宙のゴミ」
宇宙には、宇宙ゴミと呼ばれる衛生の破片などが、大量にある。

これらは、増加して行く一方である。

ということを、ニュースを最初に取り上げて問題定義をし、最終的にご自身の意見も述べてスピーチを締めくくりました。

スピーチ③ cc1 アイスブレーカー

「私と話し方」
入会式に続いて、新メンバーのスピーチです。入会式当日にアイスブレーカーで自己紹介も兼ねてスピーチに挑戦されました。
ご自身が転勤をしながらも、その先で「話すこと」の勉強を継続されたこと、
それによって得られたことを、なんと!メモなしでお話されました。


スピーチ④ cc3 ポイントを押さえる
「スマホの普及」
お正月に帰省されて、高齢の両親がスマホデビューしていた話から、スマホが普及して、便利になっていること。
しかしその反面、スマホをしている時間は、無駄に時間が過ぎてしまうこと、を聴衆に語りかけ、
最後は、「スマホの画面よりも、実体験を増やそう」というメッセージを伝えました。

休憩を挟んで、論評の部。
準備スピーチをして下さった4名の方に、実りのあるフィードバックをするのが、「論評」です。
4名の方の論評は、それぞれスピーチを細部までに耳を傾け、各スピーカーの「良かった点」「改善点」を述べていきます。

今回、論評を更に効果的にしたのが、「プロジェクト目標に沿っていたか」という視点で、論評点を伝えていたことです。

プロジェクト目標に沿って作り上げたスピーチ、論評もプロジェクト目標に焦点をあてて伝えることで、より基本に忠実になった論評となりました。

例会の後は、新年の恒例行事、多摩川浅間神社へ、初詣に行きました。
桜坂メンバーで、お参りをしたり、おみくじを引いたり、更には絵馬に願いを書いたりしました。
多摩川や富士山を眺めながら、「今年も学びの多い1年となりますように」と願いを込めました。




[PR]
# by sakurazakatmc | 2018-01-06 18:36 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

2017年12月23日、エリア合同例会が開催されました!

同じ地区のクラブ動詞が集まり盛大にスピーチを行いました~!

このようなクラブでの交流があり、多くの刺激が受けられるのがトーストマスターズのよいところですね。

ボイストレーニングのワークショップ、スピーチが5本、論評が5本と盛りだくさん!

そしてなんと・・!

当クラブの会員がベストスピーチ賞を獲得しました☆おめでとうございます☆


b0160959_19285126.jpg




[PR]
# by sakurazakatmc | 2018-01-03 19:33 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

055.gifお問い合わせはこちらから055.gif

b0160959_00413970.jpg

[PR]
# by sakurazakatmc | 2018-01-01 00:00 | ★★見学のお申し込み&お問合せ | Trackback | Comments(0)

2017年12月16日、今年最後の例会が開催されました!

例会テーマは「コーヒー例会」でした

b0160959_19305623.jpg


実は総合論評のわたくし、ちょっと電車を間違えて遅刻してしまい、最初の風景は見ることができなかったのですが、
到着した例会会場にはコーヒーと特製のパンやお菓子が並び、いつも以上の和気あいあいとした雰囲気が広がっていました。

b0160959_19314437.jpg


ゲストさん曰く「ホテルの朝食会場みたい」確かにそうかも^^

177.pngおもてなしのサンタたち177.png

b0160959_19375699.jpg


まずは準備スピーチのセッションからスタートです179.png

一人目のスピーカ、本日は司会もこなしながらのスピーチです。182.png


b0160959_19321008.jpg


来週の合同例会の練習スピーチとして、この間最初に披露したときよりも、小道具を用意するなど、もう一段磨きがかかっていました174.png

来週の舞台上のスピーチが楽しみです(^o^)

二人目はAさん。上級マニュアル「物語の話術」のプロジェクト#3「ストーリーの教訓」、
スピーチタイトルは「亀とうさぎ」です。


b0160959_19331946.jpg


先週参加してきたというハーフマラソンで感じた思いをもとに、有名なウサギと亀の物語をとらえ直してみた、というお話です。

「競走相手は自分なんだ。一緒に走っているのはみんな仲間なんだよ」というメッセージ、

先週の体験から得たライブな思いを、動きをつけながら一生懸命思い起こすように話される姿がとても印象的でした。


三人目はHさん。

上級マニュアル「情報を伝えるスピーチ」のプロジェクト#4「現状報告のスピーチ」、

スピーチタイトルは「ある被災地の現状」です。

b0160959_19334822.jpg


ご自身がたずさわるおまつりを通じて交流のある2つの被災地、

福島県と宮城県の市町村へ実際に行かれて、現地の写真、現地で感じたこと、現地の人のことばによるライブリポートです。

天災は、自然の力によって自然へと揺り戻され、ゼロからのスタート。

人災は、人の過ちによって自然が損なわれ、マイナスからのスタート。

東日本大震災からもうすぐ7年が経とうという今の復興の現場を見てきたHさんの実感と、そのなかでの村長の前向きな言葉が心に残りました。


お次は「旬の出題」。

TableTopicsセッションです。
お題の質問に即興スピーチで答えていく。

瞬発力が試されます!!

一人目はTさん
、、、とおもいきや、質問避けました!?

思うところはあっても、突然ふられても、答えることにチャレンジしてみるのは、とってもいい訓練になります101.png

私も先週身に染みて感じました。
(賞を取れず悔しかったよ…)

ぜひ今度機会が回ってきたら、
無理だと思ってもやってみる、それが大事です169.png

トーストマスターズは練習の場所ですから178.png
b0160959_19383745.jpg

宙に浮きかけた質問を上手く拾ったのはNさん。

さすがの瞬発力!

来年チャレンジしていきたいこと、の問いに。

「もっと人前でうまく話せるスキルを身につけていきたい。
そのためにも、スピーチ以外にもワークショップも主催してみたい」とのこと。

素晴らしいチャレンジスピリッツです^^
私も負けていられません!
(私も、来年前半中に最低1回はやるつもりです!)

二人目はOさん、「今年一番きつかったこと」の質問に、
今もリハビリ中のご自身のお怪我のお話。

「骨は動かすのが良い、でも皮膚は動かさないのが良い。
そのジレンマ」という説明は、聞くのは二度目でもやっぱりとても面白かったです。

三人目はKさん。

「今年成長したな~と感じたこと」という問いに、「去年の12月から入会して約1年、だんだん人前に立つことが苦にならなくなってきた」とのお答え。

素晴らしい!
まさにトーストマスターズの効果ですよね!私ももうそろそろ約2年。

最近段々と、ポイントを押さえてスピーチを組み立てることが苦にならなくなってきました^^
これからも頑張っていきましょう!


最後はゲストのNさん。

「今年いちばん燃えたこと」の問いに、ロシア トゥバ共和国に伝わる伝統歌唱法「ホーメイ」のお話。
これが面白かった。
モンゴルだと「ホーミー」という名前で、これ実は、私知ってました。
90年代のアニメ「∀ガンダム」の冒頭に使われてたんですよね。

何ともエキゾチックな、不思議な音に惹きつけられた記憶があります。


それはさておき、トゥバ共和国には「行くためのルートが確立されていない」とのこと。ミュージシャンの巻上公一が主催する現地のコンテストへの参加ツアーがあり、今年8月、これに「時間が取れないから仕事辞めて参加してきました」というお話でした。
これは確かに熱い!燃える話ですね!
ホーメイの実演も兼ねて、ぜひスピーチで聞いてみたいと思いました。


あったかいコーヒーでまったりの休憩を挟んで、論評セッション。

b0160959_19385182.jpg

例会の中で詳しく述べましたので詳細は省略致しますが、
Tさんの端的でわかりやすい良いところ・改善点の指摘の仕方

b0160959_19364122.jpg


Sさんの最初にスピーチ全体の印象・メッセージのまとめと、それがどのように良かったか、という点での良い点・改善点の指摘の仕方
Mさんのマニュアルに立ち戻って改善点を組み立て伝えていく仕方

b0160959_19371017.jpg


それぞれ、論評者の個性を生かしつつ建設的なフィードを行っていただけたと思います。

そうそう、「論評者へのフィードバックもコメントシートにぜひ書いてくださいね」とのTさんのよびかけ、いつもありがとうございます。
これは確かに励みになりますよね。私も何枚もコメントいただいて、初総合論評を(実は当日突然認識したのだけど^^;)やりきった甲斐があったと感じています。


b0160959_19390340.jpg

さて、年内の桜坂通常例会はこれでおしまいですが、
来週12/23(土)には、桜坂も所属するエリア51の大合同例会が開催の予定です。

場所はでっかく、生涯学習プラザ401大会議室!もちろん懇親会(忘年会?)もあり!

みなさま、ふるってご参加のほど、よろしくお願いいたします。


b0160959_19302181.jpg

[PR]
# by sakurazakatmc | 2017-12-17 19:32 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

秋晴れの心地よい土曜日の朝

第204回通常例会が、いつものせせらぎ公園集会室にて行われました。

本日は、ゲストさんが5名も!
桜坂クラブの例会を更に盛り上げてくれます。


例会の司会進行は、Tさん。穏やかな表情で安定感のあるスタートです!



b0160959_15065746.jpg


今朝の言葉は、「心穏やか」
例会中にたくさんのメンバーが「心穏やか」に使っていました。



b0160959_15084991.jpg
スピーチは、盛りだくさんな4本!

スピーチ①cc3 ポイントを押さえる
タイトル:「Find your key, to open your door」

ちなみに、目標内容は
・スピーチのトピックを選択し、一般的な目的と具体的な目的を決定する。こうした目的を達成するベストの方法でスピーチを構成する。・枕部分、本題、結びが目的を効果的にしていることを確認する。

というもの。トーストマスターズクラブは、このようにレベルにあった、目標に沿ってスピーチをしていくという、教育プログラムが優れています。

b0160959_15094923.jpg




b0160959_15101263.jpg

b0160959_15103095.jpg
スピーチ②cc3 ポイントを押さえる
タイトル:「花屋が教える失敗しない花束の注文技」

花束注文の「攻略ポイント」「必勝ステップ3」それぞれ、明確に伝わるスピーチで、今すぐ誰かに花束を買って、“幸せ”を届けたい!そんな行動を起こさせるスピーチでした。

b0160959_15161527.jpg

スピーチ③CONVERSATIPN WITH EASE
タイトル:「初めまして」

「良い会話って何だと思いますか?」と冒頭で聴衆に質問を投げ掛け、更にスピーチのクライマックスで実践があり、会話のキャッチボールについて勉強になるスピーチでした。



スピーチ④は、翌日の第5回神奈川地区新人対抗戦の桜坂代表の方のスピーチでした。

入会して1年未満で、100人以上の聴衆の前でスピーチするチャンス!
緊張しますが、今日までの練習が確実に実を結ぶ瞬間です。


続いて論評の部

それぞれ、スピーカーに対して、向き合った率直な想いを、分かりやすく伝えます。
そして、スピーカーが更によいスピーチが出来るように、改善点を具体的に示します。



b0160959_15110120.jpg


b0160959_15114206.jpg


b0160959_15145352.jpg

それぞれの例会においてのそれぞれの頑張りを称賛します。


さて、今年の桜坂の例会も、残すところあと1日となりました!
ぜひぜひ、12/16(土曜日)10:15~11:45
せせらぎ公園集会室で、会いましょう✨

今年、やり残したことはありませんか?
今年中に桜坂トーストマスターズクラブの一員になって、我々と一緒に、スピーチ力を磨いて、あがり症を克服です!



b0160959_15112699.jpg




b0160959_15173310.jpg




[PR]
# by sakurazakatmc | 2017-12-02 15:11 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)