ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第216回例会報告

6月に入り、紫陽花のつぼみが咲き始めました。
もうすぐ梅雨入り前ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

去る6月2日土曜日 桜坂クラブの例会が、いつもの多摩川駅徒歩1分の「せせらぎ公園集会室」で行われました。

開始時間を15分繰り上げて10時からの開始。
従来は15分開始でしたので、少し戸惑った方もいましたが、無事に例会を始めることができました。

例会冒頭には、教育担当のH.S.さんから例会開始時間変更の動議が提出されました。
内容は例会開始時間を15分早い、10時から開始する、というもの。
今まで時間に限りがあり、スピーチに充てる時間が少し足りなかっため、今回動議を挙げたとのこと。

結果は、出席者により満場一致で可決。
これにより、桜坂クラブの教育機会がさらに増えることとなりました。

次に桜坂新役員の就任式が執り行われました。

次期エリアディレクター(一つの地域内にある複数のクラブを監督している人)のH.T.さんにより、就任式は進行。
いつもだとゆる~い桜坂ですが、このときの新役員のみなさんからは真剣さが伝わってきました。
ここに桜坂クラブの本質があるのかな、と思いました。

無地に就任式を終えたところで、司会者による例会の進行が開始。
今朝の司会は、次期広報担当者であるY.N.さん。

例会で積極的に使ってほしい四季の言葉として、「威厳のある」を挙げました。
Y.N.さんによると、6月の誕生花のひとつ「シャクナゲ」の花言葉にちなんだとのこと。

一見使いにくい言葉に聞こえますが、例会集たくさんの人が工夫して使用されていました。
みなさん言葉の使い方が上手ですね(^_^)

次にスピーチの部。


最初はT.I.さんで、スピーチタイトルは「役を引き受けること」
高校時代合唱部であり、顧問からパートリーダーをやってみないかと誘われたが、受験などを気にして断ったとのこと。
当時の後悔からか、現在勤務先やトーストマスターズでいくつもの活動を兼務するようになったそう。
忙しいけれど、後悔のない人生を歩みたいそうです。

二人目はA.O.さんで、スピーチタイトルは「チャレンジ」
自動車教習所の試験になかなか通らなかったお話。
当時複数回試験に落ちて落ち込んでいましたが、「7回も落ちたよ」という友達の一言に救われたとか。
以来、何があっても落ち込まず、果敢に挑戦していくことが大事だと気付いたそうです。

三人目はH.E.さんで、スピーチタイトルは「さあ、他クラブを訪問しよう」
桜坂以外のクラブに出かけた時のお話。
内部にいるとなかなか気付かない桜坂クラブの魅力を、他クラブへ出かけて初めて知ることができたそうです。


旬の出題(担当する人が出したお題に対して、即興で1~2分間でスピーチします。)

テーマは、「モチベーションについて」
モチベーションの上げ下げに関するお題が4名の方に出題されました。
みなさんからは自身の勤務先に関する内容が出ました。
人によってはパワハラ対策を踏まえ、何か問題点を指摘する際には必ずいい点から触れて相手を和らげるなど、為になる回答が出ました。

続いて論評の部。


スピーチの論評は、H.T.さん。

各論評者ともスピーチのマニュアル内容とスピーカーの話し方の特長を的確に分析されていて、非常に参考になりました。


その後、総合論評者から例会全体の感想が述べられました。
論評者の方々には、「担当するスピーカーだけでなく、聴き全員に目を向ける」、「改善点を指摘する際には、必ず具体例を挙げる」
といった為になる講評がありました。

例会の後は、デリテイクアウトで有志メンバーでランチをしました。


さて、次回は6月の第三週目、6月16日の土曜日です。
次回も今日と同じく朝10時からのスタート、場所は東急下丸子駅から徒歩一分にある「大田区民プラザ第三会議室」でお会いしましょう!
会場へのアクセスはコチラ!

URL:http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/plaza/index.html


[PR]
# by sakurazakatmc | 2018-06-03 14:41 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

G.W.も空けて初夏の「風薫る」5月、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

去る5月19日土曜日 桜坂クラブの例会が、いつもの多摩川駅横の「せせらぎ公園集会室」で行われました。

今回は、いつもの教育セッションとは異なる特別プログラムが盛沢山!
クラブに新しいメンバーをお迎えする「入会式」、来期一年間のクラブの役員を決める「役員信任投票」、入会して初めてのスピーチ「アイスブレーカ」に、論評のワークショップ。

従来の開始時間を15分繰り上げて10時からの開始ですが、皆さん定刻に集まり、例会開始です。
(クラブバナーを飾るのが間に合わなかったのはご容赦^^;)

新しいメンバーを迎える入会式。今回は、YさんとWさん、お二人同時の入会となりました。
「一からスピーチを学びなおしていきたい」というYさんと、
「人前で話すことが楽しくなれたらいいな」というWさん、



それぞれ簡単な自己紹介と質疑応答をもとに、入会意志とこれからどんなことを進めていきたいかを確認し、会員の投票の結果、無事入会の運びとなりました。
Yさん、Wさん、これからよろしくお願いします!スピーチの日程希望など、どんどん仰ってくださいね!

お次は役員信任投票。

トーストマスターズクラブでは、クラブ内の色々な業務も、きちんと担当役員をおいてシステマティックに分担する仕組みがあります。
・クラブをまとめる「会長」
・教育セッション全体の計画とマネジメントを行う「教育担当」
・新規会員の入会と既存会員のサポートを行う「会員担当」
・例会の写真を撮影し、クラブのブログ(これですね^^)を更新する「広報担当」
・例会の議事録や国際本部とのやりとりを管理する「書記」
・クラブ内のお金のやり取りと予算を管理する「会計」
・例会の場所と備品を確保管理する「会場係」

各役員が、任期一年でベストを尽くしていきます。特定のミッションをもってクラブに貢献することで、
リーダーシップとマネジメントスキルを磨く機会にもなります。

ちなみに、トーストマスターズはアメリカ生まれの団体なので、新しい任期は今度の7月から。だからこの5月に選挙なんですね~。
新しく信任されたみなさん、前役員からの引継ぎ頑張っていきましょう!。

業務を洗い出して引継ぎ・受け取るというのも、実社会で役立つ立派な仕事の訓練になりますよ(^o^)


さて、ここからは教育セッション。今回は準備スピーチと論評のワークショップです。
最初は、入会後初めてのプロジェクト「アイスブレーカー」Kさんのスピーチ。
タイトルは「大衆の前の自分」



なんとも大仰なタイトルとおもいきや、「自己紹介は(入会式とかで)さんざんやってきたので・・・」と笑いを誘って、
その後に「今までの人生のなかで、大衆、大勢の前で話した経験ってなんだろう」という切り口から、
「中学時代のお笑いタレントオーディション(!)」
「大学時代の軽音サークルのバンド演奏」
「社会人になってからの家具屋さん店内放送」と、バラエティに富んだエピソードを紹介。
Kさんの人となり、ユーモアのセンスが存分に伝わる、良いスピーチでした。



大衆を掴んでいくスキルも十分に発揮され、まさに
「つかみはオッケー」ですね(^o^)

お次はSさんの論評ワークショップ。トーストマスターズの心臓「ハート」とも言える、会員同士で良いフィードバックをスピーチのスタイルで行う「論評」それを深堀してみようというもので、
お題はズバリ「Evaluate to Motivate」。
やる気をアップさせるような論評に必要なことって何だろう、ということを、皆で一緒に考えていきます。

Sさんのお話を中心に進めていきますが、聴いていて思ったのは、「質問を軸にして流れを作っていくのがとても上手だな」ということです。
問いかけをまんべんなく参加者に回していって、得られた答えをきちんと受け止めて進め、足りないところは適宜ご自身でおぎなっていく。
その流れがとても自然で、素直に聞いていくことができました(^o^)

今回のワークショップは、特別マニュアル「Better Speaker Series」の中の一つを題材にしています。

トーストマスターズには通常のスピーチのほかに、こうした特別なマニュアルもあり、「優れたリーダシップについて」「活気あるクラブ・組織の運営について」興味のある方はそれぞれ学んでゆくことができます。
(新教育プログラム「Pathways」もスタートしたりと、なかなか奥が深いのです^^)


休憩を挟んで、ここからは実際の論評セッション。今日は、アイスブレーカーKさんへの論評を、二人の方より行っていただきます。



一人目はOさん。論評初チャレンジですが、きちんと最初に「Kさんのスピーチの良かった点を3つ、改善点を1つお伝えします」と全体の見通しを宣言されたのが良かったです。内容もとてもあとは、その内容が時間にうまく収まるように組み立ての訓練ですね。大丈夫、何度も繰り返していけば自然と感覚が身についていきますよ(^o^)

二人目はTさん。二人通して聞いてみると、それぞれ指摘しているポイントがまたちょっとずつ違って、新しい発見がありますね。
「聴衆との心をつなぐアイコンタクトにもっと心をくばってみましょう」というのはとても良い指摘だと感じました。




また、お二人の論評に共通するところとして「自己紹介についてのスピーチをユーモアをもって捉えなおしている」という、Kさんがおそらく一番工夫したであろうところをきちんと認めている(リコグニション)ことが大変すばらしいと感じました。思い描いていたところをきちんと認めてもらえると、次へのチャレンジのモチベーションが沸く、まさに「Evaluate to Motivate」の好例といえる論評だったと思います。


さて、次回は来月、もう梅雨に入ってくるかも・・・な6月の第一週、6月2日の土曜日です。
今回と同じく10時からのスタート、東急多摩川駅から徒歩一分の「せせらぎ公園集会室」でお会いしましょう!


(文:次期教育担当に決まった、この日は総合論評のI)

[PR]
# by sakurazakatmc | 2018-05-22 04:51 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

5月5日(土)例会報告

5月5日の子供の日、初夏のようなさわやかな暑さの中、第214回例会が盛大に開かれました。

GW中にも関わらず大勢のゲストさんたちが例会に駆けつけて盛り上げてくださり、
せせらぎ公園 集会室は満員御礼、熱気むんむんでした。

ゲストさんが遊びに来ていただけるのは本当にありがたいです。





例会はトーストマスターズクラブの有志で構成されたダンスチーム「やぐらーず」のダンスで盛り上がり、始まりました。

小さな集会場の空間をフルに使ったダンス、我々にぐいぐい迫ってきて、
目力で訴えるグローバールなダンスはさすがコミュニケーション能力を切磋琢磨されているトーストマスターズの皆さんならでは。圧巻でした。

本日の司会進行であるTMOMは大学院生のTさん。

落ち着いた優し気な司会進行が印象的です。そしてところどころのコメントが的確で絶妙でした!







メンバの語彙力を高めるため、毎回出されるお題、お魚好きのゲストさんが出題された今朝の言葉は「初ガツオ」もとい、「初」。
皆さんスピーチの中にたくさん使ってくださいましたが、今回は特に「初ガツオ」の言葉を使用したスピーカーさんに「四季の言葉賞」が贈られました。

そして本日新メンバーとなられたKさんの入会式。

リーダーシップ力を高めるために入会されたKさん、入会おめでとうございます!

日本全国どのトーストマスターズクラブも初心者が安心してご参加いただけるサポート体制が整っていますが、
桜坂トーストマスターズクラブは特にこじんまりとしたアットホームな雰囲気なので、
初心者の方がよりリラックスして安心してご参加いただけると思います。

ご入会を迷われている方も是非一度見学にいらしてください。
当日の飛び入り参加大歓迎です!





そして準備スピーチは3本
1番目のスピーカーはOさん、2回目となるスピーチのタイトルは「日本の一年生」
この春入学されたお子さんの登校スタイルやランドセルの重さなど、中国で生まれ育ったOさんの視点での驚きをユーモアを交えて話してくださいました。

2番目のスピーカーはNさん、スピーチタイトルは「30年ぶりの再会」 
偶然のご縁で再会したNさんの幼馴染のエピソードと素敵な再会のお話しでした。

3番目のスピーカーはSさん、スピーチタイトルは「しるし」。

この春桜坂トーストマスターズクラブを卒業された功労者Wさんに送る言葉でした。
実は1番目のスピーカーOさん、2番目のスピーカーNさんともスピーチの冒頭に素敵な歌声の披露があり、流れ的に3番目のスピーカーのSさんにも歌のプレッシャーがあったのですが、桜坂トーストマスターズクラブにちなんだ福山雅治の「桜坂」のサビの部分を披露し、以降の話に繋げることで、その難問を華麗にこなされてました。

Sさん、さすがです!
















続いて、出されたお題に即興で回答する、テーブルトピックスのマスターは他クラブゲストで桜坂トーストマスターズクラブを統括するエリアのマネージャーを務められているSさん。
「もしも総理大臣になったら何をしたいか」など壮大でユニークなお題を提供くださいました。

楽しく想像力あふれる素敵な回答をしてくださったやぐらーずのSリーダー、Mさん、Fさん、そして桜坂OBのWさんありがとうございました。

個人論評 の部も他クラブのベテランゲストさんのKさん、Nさん、Mさん、の適格かつスピーカーにとってためになる前向きな論評をいただきました。

論評者の方々の堂々とした、訴えかけるような話し方もまだまだ初心者の私には大変参考になりました。

本日のテーブルトピックスマスターはやぐらーずゲストのMさん,ベスト論評は他クラブゲストのMさん、そしてベストスピーカーは桜坂会員のOさん。
おめでとうございます。







次回の例会は5月19日 10時より
場所は東横線多摩川駅前 せせらぎ公園 多目的室です。

次回も新たなメンバーさんの入会式が行われます。

今回及び2月に入会されたメンバーもおられ、同じ時期に入会される仲間がいることは大きな励みになりそうですね。

皆様のお気軽なお越しをお待ちしております。
次回の例会は5月19日(土) 10時〜12時
場所は東横線多摩川駅前 せせらぎ公園 多目的室です。

次回も新たなメンバーさんの入会式が行われます。
今回及び2月に入会されたメンバーもおられ、同じ時期に入会される仲間がいることは大きな励みになりそうですね。
お気軽なお越しをお待ちしております










[PR]
# by sakurazakatmc | 2018-05-05 17:21 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

春のすごしやすい気候のもと、桜坂213回の例会が執り行われました。



b0160959_06371659.jpg


b0160959_06374775.jpg

b0160959_06390626.jpg

今回の司会はベテラン会員の方で、ユーモアが溢れる春らしい


明るい雰囲気の中、進行いたしました。

1本目のスピーチは、 今期からはじまる新しい教育マニュアルPathWaysに沿ったスピーチでした。


今までトーストマスターズはリーダーシップとスピーチのマニュアルから構成されておりましたが、

リーダーシップとスピーチが同時に学べる新しいマニュアル(パス)へ移行されます。


内容は、スピーカーの自己紹介(アイスブレク)も素晴らしく、

また観衆の会員も新しいマニュアルを今後どのように進めばいいかが分かる一石二鳥のスピーチでした。

2本目はスピーカ自身のクラブ活動を通した努力することの大事さが伝わるスピーチでした。


3本目は今までクラブを支えてきた退会された会員の方へのスピーチでした。

時にユーモアたっぷりで、退会された会員の方を懐かしく、

感謝の気持ちが溢れていました


[PR]
# by sakurazakatmc | 2018-04-24 06:37 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

4月7日例会報告


本日の司会はOさんで、今日の「四季の言葉」は「花冷え」。例会中にこの言葉を多く使った人に「四季の言葉賞」が贈られます。

準備スピーチは3本。

スピーチ①AC情報を伝えるスピーチ#3:実演スピーチ

     タイトル:mini座禅

Hさんが、座禅について解説した後、実際に座禅を体験しました。

スピーチ②AC情報を伝えるスピーチ#5:抽象的概念を伝えるためのスピーチ

     タイトル:Pathways入門その2~Pathってなんだろう?

Iさんが、今年春から新しく導入されるトーストマスターズの教育プログラムPathwaysについて

説明しました。

スピーチ③サクセスフルクラブシリーズ

     タイトル:Going beyond our club-クラブを超えていく-

Tさんが、コンテスト等自分の所属クラブ以外の活動に参加する意義について、ワークショップ形式で

進行しました。

論評の部では、準備スピーチに対するアドバイスを実施します。

論評者は、各スピーチ目標の達成度を分析し、スピーカーの良かった点、更に工夫すると良い点を

発表しました。

投票の結果、最優秀論評賞はSさん、最優秀スピーチ賞はIさんが受賞しました。

人前で話すことに苦手意識をお持ちの方は、一度桜坂トーストマスターズの例会を見学されてはいかがでしょうか。

分かり易く自分の意見を述べるためには、場数をこなすことが一番大切です。

桜坂トーストマスターズで練習を積み、実際のミーティングや商談で実力を発揮しましょう!



b0160959_12110660.jpg


b0160959_12113542.jpg


b0160959_12122916.jpg

[PR]
# by sakurazakatmc | 2018-04-07 12:09 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)