ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

カテゴリ:6. 例会報告( 206 )

第26回例会の報告

4月10日(土)10時15分より、せせらぎ公園集会室で第26回例会が行なわれた。桜もそろそろ散り始めた中、桜坂クラブではすっかり恒例となりましたポットラックブランチを、今回は和食限定で行ないました。朝はやはり和食でしょうか。

今朝のトーストマスターは、その和食例会の発案者の方に行なって頂きました。四季の言葉は「麗らか」。お花見の最後を飾るに相応しい陽気を象徴する言葉でした。

今回は最初にまず下記のワークショップを行ないました。

「傾聴~効果的な聞き方①」(サクセス/コミュニケーションシリーズ、より)
b0160959_21544029.jpg

トーストマスターズといえば、まずはスピーチの練習の場ということを思い浮かべますが、それを支える論評では聴く力もまた重要です。このワークショップはその「耳を傾ける」ことに焦点を当てたもので、通して行なうと4時間にも及ぶプログラムです。今回はその第1回ということで、3つのエクササイズを行ないました。
b0160959_21551389.jpg

その3つは、

1.傾聴が重要になる場面を想起する。
2.3人1組でテーブルトピックスの要領で話し手、聴き手、観察者に分かれて傾聴力を分析する。
3.2人1組でお互いに人生で最も影響を与えた人について話してもらい、その時の相手の傾聴時の態度を評価する。
b0160959_21553212.jpg

スピーチは下記1本です。

「文化としてのたばこ」(CC#4表現方法、より)
b0160959_21555953.jpg

自分のアイディアを生き生きと伝えるための適切な言葉の選び方を学ぶ課題です。有害な側面ばかりが伝えられるたばこについて、喫煙者の立場から歴史、文化的な側面や環境にもたらす影響などについて、熱い思いを語って頂きました。

このスピーチの論評に立った外国人の方からは、たばこに関する意識が変わったという論評を頂きました。簡単で分かりやい言葉の使い方も評価されました。
b0160959_21563559.jpg

今回は受賞対象者がいなかったので、集合写真としました。
b0160959_21565417.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2010-04-11 21:45 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第25回例会の報告

3月27日(土)14時より、せせらぎ公園集会室で第25回例会を行ないました。昨年の3月28日に初例会を行なってから丸1年が経過しました。まだまだ満開とは行きませんが、桜坂クラブも2年目の坂を上り始めました。

今日のトーストマスターは、毎回プログラムの工夫を凝らす方です。今回は桜をテーマに、プログラムに桜前線や開花情報を盛り込まれました。四季の言葉は「桜」。「××の観客はサクラ」などの言い回しに使われる「サクラ」は、桜から来ていることを始めて知りました。

スピーチは下記2本です。

1.「話から緊張を取り除く」(ベタースピーカーシリーズ、より)

より良い話し手になるためのセミナーシリーズの第4弾です。今回は人前に立った時に緊張感を感じたらどう対処するかを学びました。経験を重ねる、メンタルリハーサルをする、リラックスする技術などについて、体を動かすエクササイズなども取り入れたミニワークショップ。トーストマスターズには、エクササイズを行なうプログラムもあるようです。

2.「まずは基本を学ぼう」(AC広報宣伝活動#4攻撃の中のスピーチ、より)
b0160959_035039.jpg

敵対する聴衆に自分の立場を理解させる方法を学ぶ課題です。トーストマスターズの新クラブを会長として立ち上げるなら、まずは5年の経験が必要と説く話し手に対して、聴衆はそうは思っていないという設定で行ないました。

旬の出題は、「桜の季節」に関するお題でした。
b0160959_0353234.jpg

1.「春のイメージは何ですか」
2.「卒業式というと何を思い浮かべますか」
3.「桜で何をイメージしますか」
4.「エイプリルフールで大ヒットした嘘は何ですか」
5.「エイプリルフールで家族や恋人についてみたい嘘は何ですか」

総合論評は、初参加でまだ総合論評をしたことがないという方が行ないました。対話形式で発言し易い環境が良い、とのお褒めの言葉を頂きました。
b0160959_0355763.jpg

今日の受賞者のみなさんです。
b0160959_0361320.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2010-03-28 00:33 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第24回例会の報告

3月13日(土)18時15分より、田園調布富士見会館第2和室で、第24回例会が行なわれました。久しぶりの夜例会です。例会前に台湾からのゲストを桜坂へ案内しましたが、さすがにまだ咲いていませんでした。次回のお楽しみですね。

今夜のトーストマスターは休日出勤でお休みとなった方に変わって、当クラブの会場係が務めました。四季の言葉は「笑顔」。これから暖かくなるにつれて笑顔も増えていくと思います。

スピーチは下記3本です。

1.「空に思いを」(CC#4表現方法、より)
b0160959_14352870.jpg

言葉の使い方に焦点を当てた課題です。空が見せる様々な表情、そしてその変化により織りなす人間模様を視覚器材を用いて情感豊かに語られました。

2.「ダムのしくみと課題」(AC専門的な発表#1専門的ブリーフィング、より)
b0160959_14355343.jpg

専門的な内容を人に伝える方法を学ぶ課題です。最近何かと取りざたされるダムについて、一般人があまり知らない仕組みについて、専門家目線でご説明頂きました。ダムの見方が一変するスピーチでした。

3.「乃木希助の人格がわかる3つのポイント」(CC#3ポイントを押さえる、より)
b0160959_14362321.jpg

スピーチをする上でのポイントの置き方を学ぶ課題です。幕末~明治の偉人乃木希助について、その人格に焦点を当てて人物像を探るスピーチ。大河ドラマで話題になっている時期にぴったりのスピーチでした。

旬の出題は、「3月に話題になった動物」というテーマでした。
b0160959_14371551.jpg

1.「捕鯨問題についてどう思いますか」
2.「ラッコのウニ漁あらしについてどう思いますか」
3.「トキの保護についてどう思いますか」

論評は台湾のゲストの方に総合論評を頂きました。
b0160959_14375238.jpg

今夜の受賞者のみなさんです。
b0160959_14382818.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2010-03-14 14:38 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第23回例会の報告

2月27日(土)14時より、田園調布富士見会館第2和室で第23回例会を行ないました。例会の始まる前に隣の第1和室の団体の方が挨拶に来られました。「子供の誕生会を行なうので少し騒がしいと思いますがよろしくお願いします」とのことでした。「我々も若干騒がしいと思います」とお返事しましたが、この後予想外の展開が待ち受けていました。

スピーチは下記3本です。

1.「これから」(CC#6ボーカルバラエティ/声の変化、より)
b0160959_2085271.jpg

声の変化を学ぶ課題です。「人生を時間に例えるなら、あなたの人生は今何時ですか」。時間にまつわる思い出から、自分のこれまでを時間で振り返り、そしてこれからの生き方を見つめ直す。声の変化を巧みに使いながら人生論を語って頂きました。

2.「手前味噌」(CC#10聞き手を奮い立たせる、より)
b0160959_2091464.jpg

聞き手の魂を揺さぶるような説得力あるスピーチをする課題です。手前味噌の語源について、色々な食材との比較を通して教えて頂きました。和食文化への思い溢れるスピーチでした。

3.「スポットライトを浴びる時」(AC情報を伝えるスピーチ#1情報を伝えるためのスピーチ)
b0160959_2093414.jpg

情報の伝え方について、情報源や伝える相手について考える課題です。舞台でスピーチをする時、自分の心理状態はどうなっているのか、について、豊富な視覚器材を用いてわかり易く説明されました。

旬の出題のお題は「春」。
b0160959_2095456.jpg

論評では下記の指摘を受けました。
b0160959_20101333.jpg

今日の受賞者のみなさん。和室ということで座っての撮影になりました。
b0160959_20102765.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2010-02-28 20:03 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第22回例会の報告

2月13日(土)10時15分より、せせらぎ公園集会室で第22回例会が行なわれました。明日はバレンタインデー、職場での義理チョコの配布は前日という狭間で、粉雪の舞う中での例会となりました。

朝例会は2回目。今朝のトーストマスターは徒歩圏内にお住まいの女性です。今朝の言葉は「緑」。雪の舞う中で、敢えて次の季節を意識してとのことでした。旧暦では春節ですね。

スピーチは下記3本です。

1.「低体温症について」(CC#2スピーチの構成、より)
b0160959_15541457.jpg

序論、本論、結論というスピーチの構成を学ぶ課題です。低体温症の話し手による、低体温症の原因と対策についてのお話。慢性的な低体温症は不規則な生活やストレスから来るとのことで、体温を上げるために寝る時はフリースを2枚重ねにするなどの具体例をお話しされました。

2.「心の声を聴く」(CC#3ポイントを押さえる、より)
b0160959_15544372.jpg

スピーチをする上での主題と副題、押さえるべき焦点等について学ぶ課題です。スピーチ上達法について、アドラー心理学による方法を取り入れている話し手による、悪魔のささやき、天使のささやき等の具体例を交えたスピーチは説得力がありました。ポイントはやはり自分を褒めることだそうです。

3.「紹介を工夫する」(ベタースピーカーシリーズ、より)

一つ上の話し手を目指す方のためのワンポイント講座的シリーズの3回目です。今回はTMの例会や講演会等で話し手を紹介する時の紹介の仕方について、工夫すべきポイント、してはいけないことなどを実例を交えながらのスピーチでした。

旬の出題は、今日から開幕のバンクーバー冬季五輪に因んだ出題でした。
b0160959_15555249.jpg


1.「地球温暖化がこのまま進んで行く中で、20年後の冬季五輪の開催に賛成または反対ですか」
2.「江戸時代の人にハーフパイプを説明するとしたらどう説明しますか」
3.「冬季五輪に動物を使った新種目を作るとしたらどんな種目を作りますか」

論評の部では下記の指摘を頂きました。

◎良かった点

・スピーチ中の無駄な動きがない。
・具体例の出し方が良かった。緊張感をコントロールしている。

◎改善点

・結論部分への言及が不足している。
・メモを見ないようにする。
・スピーチと関係ない前置きは不要(特に前のスピーチへの感想を述べることなど)。
b0160959_155623100.jpg


今朝の受賞者のみなさんです。
b0160959_15564563.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2010-02-14 15:53 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第21回例会の報告

1月23日8(土)14時より、せせらぎ公園集会室で第21回例会が行なわれました。ここ数日の寒気も和らぐ真冬の午後のひととき、といった趣きでした。

今日のトーストマスターは、予定されていた方が体調不良で急遽欠席となったため発起人が行ないました。急な変更にも慌てず対処する、格好のリーダーシップの機会となりました。今回は懸案であったクラブ役員を決定しました。これにより、クラブ運営がよりスムースになることと思います。そんな思いも込めて、四季の言葉は「力強く」。

スピーチは下記3本です。

1.「天国からのメッセージ」(CC#4表現方法、より)
b0160959_172072.jpg

言葉の使い方に注目した課題です。かつて住んでいた場所にほど近い庭園、咲き乱れる植物と旬の風情、そして人との交流。植物を交えたエピソードから、ファンタジックなお話しが紡ぎ出されました。正に言葉の持つ表現力を感じさせる内容でした。

2.「私の趣味の変遷」(CC#1アイスブレーカー、より)
b0160959_1723483.jpg

入会者が最初に行なう課題です。趣味がコロコロ変わるという話し手の、小学校時代から現在に至る趣味の変遷を通して、ご自分の人物像が浮き彫りにされました。必ず3年周期で変わるという趣味の変遷にもある種の一貫性が感じられました。

3.「3種の神器」(ACユーモアのあるスピーチ#2聴衆の笑いに余韻を残す、より)
b0160959_173748.jpg

ユーモアスピーチにおける余韻の残し方を学ぶ課題です。家庭における3種の神器として、洗濯機、電子レンジ、テレビを上げ、それに纏わるエピソードを小気味よく話されました。3種の神器の本来の意味にも触れ、関連付けも行き届いていました。

旬の出題のテーマは「暖かいお話し」。寒い季節なのでスピーチで暖まりましょう、という趣向でした。
1.「料理に纏わる暖かいお話し」
2.「家族に纏わる暖かいお話し。
3.「仕事に纏わる暖かいお話し」
4.「非日常に纏わる暖かいお話し」
b0160959_1744828.jpg


論評では、スピーチを補う体の動きの使い方、イントネーション、最後のオチの付け方などについての指摘がありました。
b0160959_1753181.jpg

今日の受賞者のみなさんです。
b0160959_176382.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2010-01-24 17:03 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第20回例会の報告

1月9日(土)14時より、せせらぎ公園集会室で第20回例会を行ないました。新年初例会は穏やかな日和の下で迎えることが出来ました。

今日のトーストマスターは、発起人が務めました。四季の言葉は、新年初という事で「真新しい」。「真」がついている所がミソとのことです。真新しいことを始める、ということで入会表明もありました。幸先がよいですね。

新春のスピーチは下記3本です。

1.「VIP」(CC#2スピーチの構成、より)
b0160959_2212767.jpg

スピーチを論理と感情を使い分けて構成する課題です。前職が俗にVIPと呼ばれる層の方々と接する機会の多かった話し手による、普通の人々とはかけ離れたVIPの生活感覚のエピソードの数々。そこから生きる幸せとは何か、という深いテーマを導かれました。

2.「ウォーターベービー」(CC#3ポイントを押さえる、より)
b0160959_22122930.jpg

スピーチを論点とそれをサポートする副論点から捉える課題です。数々の出産の立会い経験から自身の出産は水中出産で、という結論にたどり着いた話し手による、水中出産の良さ、メリット、そして出産を取り巻く環境についての持論の展開。水中出産の感動を分かち合える様なスピーチでした。

3.「浅間神社」(ACストーリーテリング#1民話を語る、より)
b0160959_22124653.jpg

特定の年齢層を対象に民話を語る課題です。今回例会後に浅間神社へ行くということで、それに合わせての浅間神社にまつわるお話でした。浅間神社の由来、歴史的背景、そして地元の多摩川浅間神社に関する源頼朝と北条政子のエピソードなどためになる内容でした。

旬の出題のお題は、「2010年を迎えて」。新春定番の出題を色々と切り口を変えて出されました。
b0160959_22131029.jpg

1.「2010年に実現したいことは何か」
2.「2010年に止めたいことは何か」
3.「2010年をどんな感情も持って迎えたか」
4.「2010年に一番楽しみにしていることは何か」

論評では、各スピーチに対して構成の入れ替え、スピーチの聞き手となる対象を考える、目標との相違点などのご指摘を頂きました。
b0160959_22132836.jpg

今日の受賞者のみなさんです。
b0160959_2213432.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2010-01-09 22:13 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第19回例会の報告

12月26日(土)14時より、田園調布富士見会館会議室で第19回例会が行われました。年の瀬にも関わらず大勢の方にご参加頂き、創設以来初の最多参加者を数えました。今回は年末最後ということもあり、以前の例会で話題とした某菓子の地方限定版4種類をお茶と一緒に提供しました。わさび味が一番人気という意外な結果でした。

今日のトーストマスターも、既に冬休みに入られていたにも関わらず、帰省を1日遅らせて例会に臨まれました。四季の言葉は「慌しい」。12月に相応しい言葉ですね。参加者のみなさんは慌しい中をご参加頂いたと思います。

スピーチは下記3本です。

1.「魔法の国、チェコ」(CC#1アイスブレーカー、より)
b0160959_21103438.jpg

新入会者が最初に行なう自己紹介スピーチです。若い時は誰も行かない所へ行きなさい、という恩師の教えから、初の渡航先に選んだ場所は魔法の国、チェコ。城の修復作業のボランティア体験を通して、人との交流から感じ取ったチェコという国の不思議さを、情感豊かに語って頂きました。

2.「京都早朝散歩」(CC#8ビジュアルエイド/視覚器材、より)
b0160959_21111153.jpg

視覚器材を使って見せるスピーチを学ぶ課題です。京都散策を楽しむなら早朝が一番、という事で京都の町案内人に扮した話し手が、ガイドマップ片手に朝の京都を案内するという趣向でした。ゆったりと優しい話し方で聞き手を朝の京都へ誘って頂きました。

3.「よい出会いの哲学」(AC情報を伝えるスピーチ#5抽象的な概念を伝えるスピーチ、より)
b0160959_21115577.jpg

抽象的な概念をどうやって説明するかを学ぶ課題です。「婚活」を題材として、ご主人との出会いの逸話から夫婦が出会うきっかけについて、「コンテクスト」という言葉を用いて説明されました。少し昔と今の出会いの対比から、密接な繋がりが薄くなった現代社会では人との繋がりが大切ということを訴えられました」。

旬の出題は、年末定番の出題「今年を振り返って」。今年1年を表す漢字1字からの連想を頂きました。
b0160959_21123718.jpg

1.「「変」という字から連想することは何ですか」
2.「「薬」という字から連想することは何ですか」
3.「「切」という字から連想することは何ですか」
4.「「金」という字から連想することは何ですか」

チェンジ、薬物汚染、派遣切り、偽装献金など、今年の世相を表す漢字からユニークな連想を頂きました。

総合論評では年末最後を締め括るに相応しい助言の数々を頂きました。特に、初めて参加される方のためにもっと敷居を低くした方がよい、というご意見はクラブの内側からは中々見えにくいことです。
b0160959_21142097.jpg

今日の受賞者のみなさんです。
b0160959_21153418.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2009-12-27 20:55 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第18回例会の報告

12月12日(土)10時15分より、せせらぎ公園集会室にて第18回例会が行なわれました。今回は初の朝例会。いつもなら例会後に行なうポットラックパーティーも今回は趣向を変えて、例会前~例会中に飲食しながら談笑するポットラックブランチとしてみました。朝食提供を意図したものではありませんが、参加者の皆さんが色々な飲食物を持ち込まれましたので、朝食バイキングのような格好になりました。
b0160959_2030896.jpg

今朝のトーストマスターは、町田でもクラブを立ち上げられている女性の方です。穏やかな話し方が陽光の差し込む部屋に良く合っていました。四季の言葉は「始め」。年末、年の暮れに合った言葉ではなく、意図的に新年へ向けた言葉を選ばれたとのことでした。

スピーチは下記2本です。

1.「地球は女性で回っている」(CC#4表現方法、より)
b0160959_2030356.jpg

言葉の使い方にポイントを置いた表現方法を学ぶ課題です。結婚を控えた話し手による、男と女のコミュニケーションがテーマ。付き合っている男性として女性にはどの様に振舞って欲しいかを、3つの観点から意味深にお話されました。

2.「誰かのために・・・」(CC#9パワフルな説得、より)
b0160959_20305332.jpg

人を説得するスピーチを学ぶ課題です。人を教える立場にある話し手が、普段とは違った、自分と同じ立場にある人々に対して講演を行なった時に感じた、やって良かったと思える気持ち。家族や友人以外の第3者という誰かのための活動をしてみませんか、というメッセージが響きました。

旬の出題は、時節がら「ボーナス」がテーマでした。
b0160959_20314427.jpg


1.「会社が超ヒット商品を出したのでボーナスを300万円出すとしたら何に使うか」
2.「会社が報酬の代わりに自社株を支給すると提案。現金支給とどちらが良いか」
3.「会社から冬のボーナスを夏にまとめて2倍増しで支給すると言われたら」
4.「会社がボーナスをドルで払うと提案。円建てとどちらがよいか」

総合論評では、例会中に聞き手が下を向いていることが多いので、ゲストが来た時にどう感じるかを考えた方が良い、というコメントを頂きました。仰る通りです。
b0160959_2032662.jpg

今朝の受賞者のみなさんです。
b0160959_20324733.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2009-12-13 20:32 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第17回例会の報告

11月28日(土)18時15分より、田園調布富士見会館第2和室で第17回例会が行なわれました。久々の夜間例会、駅から会館までの道すがら、せせらぎ公園の見事に色づいた銀杏の葉が、風に吹かれて次々と落ちてきて頭に掛かりました。

今夜のトーストマスターは、エリアガバナーを務められている女性が行ないました。和室ということから、例会冒頭では畳の上での立ち居振る舞いについての簡単なワークショップが行なわれました。流石に茶道の心得がある方は身のこなし方が違います。四季の言葉は「待ち遠しい」。

スピーチは下記3本です。

1.「営業マンの言葉の3種の神器」(CC#6ボーカルバラエティ、より)
b0160959_659980.jpg

声の変化を学ぶ課題です。営業歴20年のベテランがよく使う言葉、「ありがとうございます」、「いつもお世話になります」、「申し訳ありませんでした」について、どの様な状況で使われるか実例を示して説明されました。

2.「あこがれの人になる」(CC#8ビジュアルエイド、より)
b0160959_6593036.jpg

視覚器材の用い方を学ぶ課題です。トーストマスターに何故入ったのか、それは見学に訪れた時に素敵な話し手の方がいたから、という導入部から、憬れの人に近づくためのエッセンスを、絵画のコピーの例などを交えながら説明されました。

3.「スピーチを締め括る」(ベタースピーカーシリーズ、より)
b0160959_701966.jpg

より良い話し手になるためのポイントについて学ぶ課題です。スピーチを上手に締めるにはどうすれば良いかについて、結論の出し方、時間配分、印象付けるための言葉の使い方などを、実例を交えて説明されました。

旬の出題は、四季の言葉に掛けて、「今から待ち遠しいもの」についての出題でした。

1.「お正月のお勧めスポット」
2.「クリスマスのお勧めスポット」
3.「紅葉のお勧めスポット」
b0160959_704167.jpg

論評者は全員女性でした。細やかな指摘の数々からは、優しさが感じられました。
b0160959_712095.jpg

今夜の受賞者のみなさんです。今夜は女性の参加者が多かったこともあり、全員女性でした。
b0160959_713562.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2009-11-29 07:01 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)