ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第106回例会

第106回例会(11月23日)報告

11月23日、10:00-12:00、大田区民プラザにて。

懐紙に和菓子をのせた桜坂ならではのおもてなし。

連絡事項:
K会長より、『ほらふきスピーチ ディストリクトコンテスト』と『九州全国大会』の報告。

W氏が、2012-2013のディビジョンガバナーの最高賞を獲得された報告。さすが世界のトーストマスターズクラブ、透明なトロフィーがお洒落。

O氏から、桜坂トーストマスターズクラブが大分トーストマスターズクラブのサポートクラブとなる提案が出され、出席者の挙手により議決されました。

今日のトーストマスターは、初挑戦のHさん。
「四季の言葉」は勤労感謝の日にちなんで、思いやりを短く表現する日本語「〜様」。「お疲れ様」「お世話様」「お陰様」「お苦労様」「ご馳走様」「お互い様」「お待遠様」「お祖末様」「憚り様」「お祖末様」「お気の毒様」「御愁傷様」など。
b0160959_14552254.jpg

b0160959_14561195.jpg


今日は『スピーチマラソン例会』で、準備スピーチ5本と論評5本の密度の濃い例会でした。
スピーチ1:"とりあえず"の心掛け(CC#1 アイスブレーカー)
前回入会のK氏の初スピーチ。何事にも躊躇せず、とりあえず手を出してみれば、行動が次につながり世界が広がっていくという前向きなスピーチでした。
b0160959_14564116.jpg


スピーチ2:神話(CC#6 ボーカルバラエティ(声の変化))
ユーモラスなH氏。日本神話のイザナギ(男神)とイザナミ(女神)を声で演じ分けて、ちょっとHに、面白可笑しく話され、会場がクスクス笑いに包まれました。
b0160959_1457945.jpg

b0160959_14581188.jpg


スピーチ3:漢字の必要性(上級マニュアル『ユーモラスなスピーチ』#4笑いを続ける)
インドから日本に来て13年のNさん。漢字の「持田さん」を「てらださん」と読み間違えたり、砂糖と塩を間違えてしまった失敗談をユーモアたっぷりに話されました。漢字って難しいですね。

スピーチ4:魔女の宅急便(上級マニュアル『朗読』#4ザ・プレイ)
前回『赤毛のアン』を朗読したSさん。今日は『魔女の宅急便』のキキ、猫のジジ、お父さん、お母さんを、声や動きの変化を使って表現。黒い服で箒にまたがってキキそのもの。
b0160959_1459592.jpg


スピーチ5:三杯の茶(ACマニュアル『物語の話術』#5歴史を生き返らせる)
豊臣秀吉が寺小姓だった石田三成に茶を所望する場面、一杯目と二杯目と三杯目で茶碗や温度を変えて出した光成心配りの様を、S氏が一人二役でコミカルに演じ、会場がゲラゲラ笑いに包まれました。
b0160959_1459374.jpg


論評の部:司会はベテランのW氏。
b0160959_1503489.jpg
溝の口TMCからお越しのSさんがゲスト論評をしてくださいました。
Tさんのやわらかな論評、Y氏の楽しい論評、N氏の正直な論評、O氏の視野の広い論評、S氏の的確な論評と続いて、
b0160959_1505565.jpg
b0160959_151316.jpg
b0160959_1511532.jpg
b0160959_1512365.jpg

総合論評はW氏。
論評の論評を中心に話されました。O氏の論評に対して、「スピーチの論評にとどまらないマニュアル全体のポジションがわかる論評」と評されて皆さん納得。
総合論評者が選ぶ「熱心なメンバー賞」は『魔女の宅急便』で素晴らしい演技を披露されたSさんに贈られました。

言葉番K氏から、「えー」「あー」のカウント報告の後、「そういう」「その」「なにか」「〜で」などの曖昧言葉は減らして、「しかし」「それから」とはっきり言いましょうとのアドバイスがありました。

表彰の部:
『四季の言葉賞』はW氏、『最優秀論評賞』はO氏、『最優秀スピーカー賞』は「三杯の茶」のスピーチをしたS氏。
b0160959_151315.jpg
b0160959_1513995.jpg



溝の口TMCからお越しのSさんから今日の感想とコンクールのお知らせの後、K会長の閉会の辞で閉会。今日も良く笑った例会でした。



次回例会は、12/7(土) 10:15~12:00、田園調布せせらぎ公園集会室にて開催します。お楽しみに!
[PR]
by sakurazakatmc | 2013-11-26 20:11 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第105回例会

 11月2日(土)、秋を感じさせられる肌寒い中、K会長の呼びかけで、9:30前からみなさん早めの集合でした。各メンバー同士で、今までではないような、密な事前打合せ。
b0160959_13431667.jpg

 
季節を感じさせられる、お菓子、おもやげの数々、
b0160959_13432786.jpg


 K会長の開会宣言ののち、K氏の入会式
フレッシュな新しい仲間を迎えることができ、この先楽しみです、
b0160959_13482622.jpg



 今朝のトーストマスターは、H氏。(H氏メンターのKさんからのアドバイスを受け)幣会、桜坂になくてはならない存在であるO氏の立ち上げ時のブログを紹介、その想いを胸に、四季の言葉は、「色づく」、、、
また、本日の表彰者への、副賞がある旨のお知らせあり。
b0160959_13433814.jpg



スピーチの部が、和やかな雰囲気の中スタート、 最初のスピーカーは、桜坂のアリストテレスW氏、
上級マニュアル 特別な機会のスピーチ #3 こき下ろしに参加する タイトルは、「こんがり」
このスピーチも、また、桜坂になくてはならない存在であるO氏をお褒めになるお話でした、、
b0160959_13435678.jpg



 2番目のスピーカーは、桜坂と世界の架け橋、オーバー ザ レインボウ Nさん上級マニュアル 説得力あるスピーチ #4 反対意見に向かいあう タイトルは、「議事録必要性」スピーチと質問を受ける時間との、二部構成でした、
b0160959_13442810.jpg



最後のスピーカーは、桜坂に咲く一本のコスモス Sさん、上級マニュアル 解釈を含んだ朗読 #3 一人芝居 タイトルは、「赤毛のアン」
(写真撮り忘れました。Sさん、すいません。)


旬の出題は、桜坂のジェームスボンド Yさん
すっぱい思い出・ブドウの思い出・ごめんなさいしたい過去の行動・京都の思い出 
というかなり回答者を困惑させる4題が出題されましたが、とても盛り上がりました。
b0160959_13434622.jpg



短い休憩をはさみ、論評の部が始まりました、
スピーチ1に対する論評は、S氏、
スピーチ2に対する論評は、Hさん、
スピーチ3に対する論評は、Kさん、

そして、総合論評者は、桜坂のスペードのジャック N氏
初めての総合論評とは思えない、今日の会全体を振り返った報告内容、
そして、落ち着いた話し方、とても素晴らしかったです。
b0160959_13443759.jpg


表彰は、四季の言葉の部、Y氏、
旬の出題の部、 N氏、
論評の部はなんと3名同票となり、S氏、Hさん、Kさん、

最後にスピーチの部、だ、だ、だ、だ、だ、だ、だ、だ、だ、だ、 赤毛のアン Sさん、
b0160959_13444434.jpg


TMのH氏にご用意頂いた副賞↓
b0160959_13444993.jpg
 

最後に、明日11/3(日)、開催される、ほらふきスピーチ ディビジョンDコンテストでの
Kさんの、日英両部門でのご活躍を祈念いたしました。





 次回 106会例会は、スピーチマラソンとなりますので、10:00集合です、

    会場は、大田区民プラザ第一会議室です。

                     
[PR]
by sakurazakatmc | 2013-11-05 13:59 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

10月19日、大田区民プラザにて第104回例会がおこなわれました。今日のトーストマスター(司会)は、エリアガバナーとしてコンテスト準備などお忙しい方です。「ほとんど寝てない!」と言う事でしたがアジェンダの準備も万端、そして早めに来て温かいお茶とお菓子の準備をしてくださっていました。優しい気持ちが嬉しいですね。今日の四季の言葉は「とびきり」でした。

初めに10月5日におこなわれたエリア41スピーチコンテストの運営方法についての振り返りをおこないました。このような反省会の積み重ねがよりよいコンテスト運営につながります。

スピーチは下記3本でした。

1.「猫の話」(CCマニュアル#3,ポイントを押さえる)
ひょんなことで猫を飼うはめになった話し手がしつけに苦労しながらも、猫への愛情が深まっていく様をひょうきんなボディランゲージや小物を使って巧みに表現されていました。
b0160959_13282376.jpg


2.「蜂から教わった事」(CCマニュアル#4,表現方法)
凶暴なオオスズメバチとそれに集団で立ち向かっていくミツバチの攻防、自然の不思議さを効果的な視覚素材を取り交ぜてお話くださいました。
b0160959_13284368.jpg


3.「二人の男」(ACマニュアルストーリーテリング#3モラルオブストーリー)
何事にも慎重な男と、やりたい事はまず実行の男がインドへ興味を持ったところから始まり、それぞれの人生を見つめて、幸福とは何かを問う話でした。
b0160959_1329813.jpg


旬の出題は他のクラブで教育担当副代表の会員がおこないました。
「トーストマスターズの始まりについて」「CCマニュアルで一番難しいプロジェクトはどれか」「CLマニュアルの効果について」「スピーチで一番大切な事は」など、さすが教育担当係らしい出題でした。答えるメンバーもなんだか授業中の生徒の様でしたね。
b0160959_13301114.jpg


3本ともとても素晴らしく意欲的に工夫されたスピーチでしたので論評も熱が入りました。
1本目のスピーチには猫の様子をボディランゲージなどで更に細かく表す、2本目には間を十分にとる、また一気にという部分「百姓一揆」のような比喩を使ってみる、そして最後のスピーチには結論が途中から見えていたのでひねりを入れるように工夫するというアドバイスがありました。トーストマスターズの論評は単にダメだしではなくて改善するためのアイディアをきちんと伝える事が大切です。
b0160959_13304490.jpg
b0160959_1331012.jpg
b0160959_13311237.jpg
b0160959_13312116.jpg


受賞者の皆さん、今回は比較的、入会してからまだ新しいメンバーの皆さんが受賞となりました。そして手作りジャムのおまけつきでした。
b0160959_13312637.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2013-11-05 13:35 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)