ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第41回例会の報告

11月27日(土)14時より、せせらぎ公園集会室で第41回例会が行なわれました。晩秋となり、落ち葉も舞う今日この頃は何かと感傷的な気分にさせられます。とりわけ桜坂にも縁のある某大河ドラマの終了は、もの悲しいですね。

今日のトーストマスターは、そんな感傷的な気分など何処吹く風、といった爽やかな男性が務めました。しかし、「爽やか」という言葉は実は秋の季語なのだそうです。四季の言葉は「黄昏」。黄昏るにはまだ早い桜坂クラブです。

スピーチは下記3本です。

1.「双子座流星群」(CC#5ボディーランゲージ、より)

身振り手振りを交えて行なう課題です。星に願いを掛けるなら流星ということで、天文ファンの冬の風物詩である双子座流星群を取り上げ、流星観測の方法や流星が何故起きるかについてのメカニズムを身振り手振りを駆使して説明、そして数多くの流星が見られる双子座流星群の機会を捉えて、たくさんの願い事を掛けよう、といったメッセージを伝えました。

2.「友を信じる」(CC#10聞き手を奮い立たせる、より)
b0160959_2358117.jpg

論理と情緒を使い分けて聞き手を鼓舞する課題です。話し手がお世話をしている外国人留学生の間で起きた事件を軸に、友人を信じることの大切さを、中国の故事を引用して静かに訴えられました。

3.「二度と見たくない光景」(CC#9パワフルな説得、より)
b0160959_0182464.jpg

聞き手を力強く説得する課題です。話し手があるトーストマスターズクラブで目撃したゲストへの冷淡な対応を例に、自分だったらどんな対応をするか、ゲストを暖かく迎えるにはまず笑顔で接すること、という考えさせられる内容でした。

旬の出題は、年末といえばこの話題といった趣きで、来年の手帳、カレンダーについて。下記の出題でした。
b0160959_0191542.jpg

1.「あなたは手帳のセールスマン。あなたの会社の手帳の素晴らしさを伝えて下さい」
2.「あなたの会社のカレンダーについて、社長から来年のカレンダーを企画する様に指示を出されたらどうしますか」
3.「あなたの時間管理の秘訣を教えて下さい」

論評では、具体的なマテリアルの使用、感情を込めた表現、題名は肯定的なものにするなどのご指導を頂きました。また総合論評では、会員をもっと倍増して盛り上げよう、といった励ましも頂きました。
b0160959_0194432.jpg

今日の受賞者のみなさんです。
b0160959_020187.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2010-11-28 23:56 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(2)

第41回例会のご案内

第41回例会をご案内いたします。

日時:11月27日(土) 14時~15時30分
場所:せせらぎ公園集会室

第41回例会はせせらぎ公園集会室で行います。東横線多摩川駅東口改札の正面にある建物の中にあります。第4土曜午後の開催となります。お間違えのないようにお願いします。ゲストの方のご見学は無料です。ご見学、ご参加をお待ちしております。
b0160959_061986.jpg

例会後はポットラックパーティーもあります。
[PR]
by sakurazakatmc | 2010-11-22 00:06 | 7. 例会案内 | Trackback | Comments(0)

第40回例会の報告

11月13日(土)10時15分より、田園調布富士見会館第2和室で第40回例会が行なわれました。秋晴れの中、穏やかな午前のひととき、来る途中のせせらぎ公園では子供たちのフットサル大会が行われていました。

今朝のトーストマスターは自転車で30分程度の距離にお住まいの男性が務めました。四季の言葉は「流星」。以外にも秋の季語とのことでした。流星というと夏のペルセウス座流星群、冬の双子座流星群が代表的なものなので、少し季節感が微妙ですね。

スピーチは下記2本です。

1.「縁は奇なもの」(C&L#9知識を持って話せ。より)
b0160959_114715.jpg


2.「胸にぽっかりと開いた小さな穴」(CC#10聞き手を奮い立たせる、より)
b0160959_1145740.jpg


今回は旬の出題はお休みにし、下記のワークショップを行ないました。

「傾聴~効果的な聞き方③」(サクセス/コミュニケーションシリーズ、より)

論評はスピーチ2本とワークショップについて行なわれました。
b0160959_1162241.jpg

今朝の受賞者と参加者のみなさんです。
b0160959_116501.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2010-11-16 01:11 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)