ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

カテゴリ:6. 例会報告( 188 )

第8回例会の報告

7月4日(土)14時より、せせらぎ公園集会室にて第8回例会が行われました。7月に入って暑さ本番といったところですが、集会室から見えるせせらぎ公園の緑には癒されます。今回も一般ゲスト2名のご参加を頂きました。

今日のトーストマスターは、毎回準備が行き届いている前エリアガバナーの方です。プログラムにも季節の話題が取り込まれています。四季の言葉は「湿る」。気象関係の仕事をしている方らしさのある設定でした。

スピーチは下記3本。

1.「私のアイロン道」(CC#5ボディーランゲージ、より)
b0160959_23501971.jpg

体を使った表現を学ぶ課題です。アイロンの掛け方にこだわりのある話し手による、正しいアイロンの掛け方についての講義が楽しめました。「そこにしわがあるから」という名言も頂きました。

2.「音楽から見える世界」(CC#7トピックのリサーチ、より)
b0160959_2351511.jpg

多くの資料から自分に合った情報を入手して話す課題です。その情報源とは「記憶」。話し手の音楽との関わりを海洋、宇宙という広がりの中で想像させながら話されました。

3.「心の声・マネージメント」(C&L#5声を豊かに、より)
b0160959_23515065.jpg

声の多様性を学ぶ課題。自称健康マニアの話し手による、自分が発する心の中の声と体の反応、それによる自分自身のマネージメント。自己管理の秘訣を学ぶスピーチでした。

旬の出題は、最近の話題から、「初めて聞いたポップスの思い出」、「学校のプールの思い出」、「好きな氷菓」の3題。時節と季節の旬の話題が織り交ぜられました。
b0160959_23524387.jpg

総合論評では、開始時刻のチェックから個人論評者の不調ぶりまで、つぶさな評価を頂きました。
b0160959_23533580.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2009-07-04 23:07 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第7回例会の報告

6月27日(土)14時より、田園調布富士見会館会議室で、第7回例会を行いました。朝から蒸し暑い中、一般ゲストの方2名のご参加を頂きました。少しずつPRの効果が出てきたようです。

今日のトーストマスターは、発起人自らの登板となりました。四季の言葉は「兎角に」。漱石の作品の一節を読み上げ、由来を説明されました。日常ではあまり使われない類の言葉です。

スピーチは下記2本。

1.「タバスコの魔力」(CC#7トピックのリサーチ、より)

入念な下調べを基にしたスピーチで、タバスコの成分や効用について、「辛さ」という部分に焦点を当てられました。これからの季節へ向けたスピーチでした。
b0160959_1153992.jpg


2.「それでも信じる」(AC楽しく話すスピーカー#3人を笑わせるスピーチ、より)

自分の体験を基にユーモアを交えて人を笑わせる課題です。サンタクロースがクリスマスプレゼントを持ってきてくれるという、誰もが幼少期に思うことを、自らの子供時代を振り返りながら話されました。
b0160959_1162765.jpg


旬の出題に移る前に、テーブルトピックスについての短いセミナーが行われました。TMのマニュアル「柔らか頭で話そう」を使って、テーブルトピックスを行う目的、出題の出し方、多様な出題の例などを説明しました。

旬の出題は、最近の話題より、「総理大臣になったら」、「猛暑の過ごし方」、「緊張のほぐし方」の3題。ありきたりな答えになりがちなところを、一ひねり加えるところがミソです。
b0160959_1171014.jpg


論評は、初級者に対する上級者による論評、上級者に対する初級者の論評、という組み合わせの妙がありましたが、差異はさほど感じられませんでした。総合論評では、例会の進行について基本に沿った指摘を受けました。
b0160959_118544.jpg


見学者の方からも前向きなコメントを頂き、次回に期待が持てました。
b0160959_1183652.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2009-06-28 01:02 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第6回例会の報告

6月6日(土)14時より、せせらぎ公園集会室で第6回例会を開催しました。今回は6づくしですね。前夜から降り続いていた雨も小止みになり、若干の蒸し暑さの中で行いました。

今日のトーストマスターは、クラブスポンサーとして指名した方に、ご多忙の中引き受けて頂きました。何でもこなせるというのは、立ち上げ中のクラブにとっては心強い限りです。四季の言葉は「種をまく」。二十四節気の「芒種」からこの言葉を導かれたそうです。奥が深いですね。

スピーチは、上級スピーチ2本とセミナー形式のものが1本。スピーチ時間もばらばらで上級色の濃い内容でした。

1.「日本上陸」(AC広報宣伝活動#3ラジオトークショー、より)

団体や組織の広報担当となった時に、どんなPR活動をするかを学ぶ上級マニュアルの中の課題で、ラジオに出演することを想定して行うスピーチ。今回は低価格ファッションブランド広報担当という設定で、日本上陸に当たっての宣伝をラジオで行うという趣向でした。
b0160959_049569.jpg

2.「論点:英語と日本語のコンテストスピーチの資格について」(AC討論の司会#4会議の手綱を引く、より)

討論の司会者となった時に、どのように議事をまとめるかを学ぶ上級マニュアルです。今回の課題は、様々なタイプの論客を相手に、議題を採決に導くことです。トーストマスターズで最近問題となっているコンテストの出場資格を議論するということで、おしゃべり、だんまり、割り込み屋などの役割を予め参加者にお願いして、擬似的な討論会を行いました。冗談とも本音とも付かぬ議論が展開されました。
b0160959_0501714.jpg

3.「クラブの雰囲気を最高に盛り上げる」(サクセスフルクラブシリーズ、より)

トーストマスターズの仕組みを説明するセミナー形式のマニュアルの中の一つです。ゲストや会員に対して自分がどう接して、雰囲気を良くするかを考えます。これまでの経験から、色々な状況を出しながらの説明でした。

旬の出題は、熊本から東京に転勤された方が東京の人に尋ねたい、東京の「衣」、「食」、「住」についてでした。改めて問われると、色々な視点でのお答えが返ってきました。
b0160959_0514371.jpg

論評は全て上級スピーチへの論評でしたが、鋭い指摘の数々でした。内一つはエリアガバナーのスピーチに対するエリアガバナーの論評ということで、上級者同士良いお手本を見せて頂きました。
b0160959_0523248.jpg

b0160959_053635.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2009-06-07 00:23 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第5回例会の報告

5月23日(土)14時より、せせらぎ公園集会室で第5回例会を行いました。前回利用時は雨で人もまばらでしたが、行楽日和となった今日は、公園内も休憩舎も混雑していました。集会室から見える木々の緑もより濃くなって、寛ぎのひと時となりました。

今日のトーストマスターは、最近司会や幹事役でご活躍中の女性です。「夏にしたいこと」を紹介時に訊きながら、例会を進めました。四季の言葉は「季節外れ」。季節外れのインフルエンザ騒動を話題としての設定でした。

スピーチは下記3本でした。

1.「まずは自己紹介」(CC#1アイスブレーカーより)
熊本から東京に転勤された方の初スピーチ。名前の紹介から、好きなお酒に纏わる熊本でのエピソードを披露して会場を沸かせました。
b0160959_0593585.jpg


2.「自分のために」(CC#4表現方法より)
月末につくばで行われる、トーストマスターズ春季大会のコンテストに出場される方のリハーサルを兼ねたスピーチ。自分の成長を促すきっかけとなったエピソードを元に、自分のために生きることを説かれました。
b0160959_0595714.jpg


3.「死ぬことと見つけたり」(CC#9パワフルな説得より)
現代の自殺者数、戦時下の葉隠れの意味、そして同僚の早すぎる死という衝撃的な出来事から生きることを大事にしよう、というメッセージを導かれました。
b0160959_103075.jpg


旬の出題のテーマは「和」。「京都、奈良以外で和を感じる場所」、「生活の中で和を感じること」、「自分のこれまでの人生の中で和を感じた時」など、「和」についての色々な切り口からの出題が面白かったです。
b0160959_11695.jpg


今最も旬なトーストマスターによる総合論評は、改善点も相手に考えさせるなど、聴衆を巻き込みながらの進め方で効果を高めました。
b0160959_23334.jpg

b0160959_113265.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2009-05-24 01:01 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第4回例会の報告

5月9日(土)18時15分より、田園調布富士見会館会議室にて、第4回例会が行なわれました。会場予約の都合で2度目の夜間例会となりました。夏日の陽気で日も長くなってきたので、18時台でもまだ多少は明るさがありました。

今夜のトーストマスターは、前回ご入会され、先日のスピーチコンテストの地域大会で優勝された方です。連休明けの例会という状況を受けて、役割の紹介にも連休ネタが絡みました。四季の言葉は「贅沢」。木目調でウッディな内装の会議室で行なわれる例会は、ちょっとした贅沢ですね。

スピーチは下記3本でした。今回は上級スピーチが2本あり、スピーチのスタイルも多様性がありました。

1.「目力!目は口ほどにものを言う?」(CC#3ポイントを押さえる、より)
目つきは気分が表れやすいパーツということで、目力が備わった自分が以前と比べてどうなったかを話されました。
b0160959_1263278.jpg

2.「ももたろう」(AC物語を語る#1民話を語る、より)
ストーリーテリングに焦点を当てた上級マニュアルの最初の課題は「民話」。有名な御伽噺を巧みさと軽妙さを織り交ぜて語られました。
b0160959_12739.jpg

3.「チームマイナス15%」(AC管理職のスピーチ#4進捗報告、より)
ある組織の管理職としてどう話すか、という課題の上級マニュアルです。4番目の課題は「進捗報告」というこおとで、環境団体のトップという設定で温暖化問題を説明。パワーポイントで視覚的に訴えられました。
b0160959_128526.jpg


旬の出題のお題は「最近の話題から」。「連休でよかったこと」、「環境によいことをしているか」、「定額給付金」、「トーストマスターズが日本の政権を取ったら」など。4題目はほら吹きという条件での出題です。
b0160959_1285856.jpg

スピーチに対する論評は全員女性陣。経験数の順で論評されました。指摘の鋭さは女性ならではのものがありました。
b0160959_1292917.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2009-05-11 01:13 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第3回例会の報告

4月25日(土)14時より、せせらぎ公園集会室にて第3回例会を行ないました。当日は朝から雨でしたが、緑多き公園の中では、雨の中の佇まいを感じさせる例会となりました。せせらぎ公園での初例会は、贅沢な造りの集会室の中で行なわれました。流石に元テニスクラブのクラブハウスをそのまま使っているだけあって、応接セットやバーカウンターまで備わっている会議室というのがまず驚きでした。
b0160959_2161170.jpg

今日のトーストマスターは、エリアガバナーとして精力的な活動をされている企業クラブの方です。四季の言葉はお天気に合わせて「雨にも」。「~にも」としているところがミソで、使いどころが微妙でした。
b0160959_2171482.jpg

スピーチは下記2本です。
1.「ステージ」(CC#5ボディランゲージ)
トーストマスターズに入会して今に至るまで、自分がどの様に変わったかを、実演する場所=ステージに例えてお話されました。

2.「お父さんスイッチ」(C&L#7学んだ話術を駆使せよ)
子供を励ますための「お父さんスイッチ」という仕掛けが、どんな経緯で生まれたか、人を励ますとはどういうことなのかを実体験を交えてスピーチ。
b0160959_2173759.jpg

旬の出題のテーマは「母の日」。出題者が自分の参考にと、「母の日に何をしたいか」、「何を贈りたいか」などを尋ねられました。
b0160959_218094.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2009-04-28 02:16 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第2回例会の報告

4月11日(土)、田園調布富士見会館会議室にて、第2回例会を行ないました。今回は会場予約の関係で、初の夜間例会となりました。初夏を思わせる陽気でしたので、夜の開催はちょうどよい感じでした。

今夜のトーストマスターは、エリアガバナーとして活躍中の外国人の方です。淀みのない言葉遣いで例会を進めました。四季の言葉は「はらはらと」。しかし、はらはらすることなく、落ち着いた進行でした。
b0160959_16731.jpg

スピーチは下記3本です。

1.「私のPDFファイルのシンプルな活用法」(CC#3ポイントを押さえる)
PDFファイルの活用方3つを紹介。コメント用紙をPDF化して残すというアイディアが秀逸でした。
2.「合鍵」(CC#5ボディランゲージ)
陶芸教室での師弟の心温まる交流のお話。合鍵を渡されるという行為を通して、師の教えから学ばれたことをユーモアを交えて伝えられました。
3.「夢のある街にするために(後援会会長挨拶)」(AC特別なスピーチ#2気持ちを高める)
聞き手を高揚させるという課題を、自分が後援会会長を務めている後援会での挨拶という設定で表現されました。架空の話かと思いきや、実在の人物の話というオチでした。

b0160959_16346.jpg

旬の出題は、「春」を題材として、新学期、新年度を迎えた人の気持ちになって答える出題でした。「社会人として生きたいか、趣味人として生きたいか」といった生き方を問うお題もありました。
b0160959_171089.jpg
b0160959_173155.jpg

今夜はスピーチがが男性、論評が女性という趣向でしたが、4つの賞の内の3つが同一女性に渡されました。流石です。
b0160959_175387.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2009-04-13 01:08 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)

第1回例会の報告

3月28日(土)14時より、田園調布富士見会館会議室にて、桜坂クラブの第1回例会が行なわれました。先週の桜の開花予報では今週末は満開とのことでしたが、この季節特有の寒の戻りもあり、桜の開花はまだちらほら。それでも田園調布の街並みに溶け込んだ会場からは、落ち着いた雰囲気が感じられ、第1回例会特有の緊張感の中で、会は進行しました。

例会の司会進行役、今日のトーストマスターは発起人が行ないました。一部の役割は、「季節感を大事にする」というクラブのコンセプトに基づいた呼称で紹介されました。例えば、例会冒頭の役である言葉の紹介は「四季の言葉」。俳句に季語があるように、スピーチにも季節感を取り入れよう、ということで設定された言葉は「芽吹く」。四季の言葉の担当の方が、センスよく紹介されました。

会の進行順は、マニュアルに進行例として紹介されている順序に従い、スピーチ、テーブルトピックス、論評のの順で行なわれました。今回のスピーチは下記の2本です。

1.「恋しくなる祖母の語り」(課題:CC#6 ボーカルバラエティ)
子供の頃によく聞かされた祖母の語り口を再現。声の変化に乗せて追憶を辿る内容が秀逸でした。

2.「もう一つのバレンタイン」(課題:CC#7 トピックのリサーチ)
チョコレートの生産プロセスに関する問題に触れつつ、原産国への暖かい眼差しが伝わりました。
b0160959_075010.jpg

スピーチに続いてはテーブルトピックス。桜坂クラブでは、「旬の出題」と呼び換えています。出題者はその意図を汲んで、桜の花見の一連の流れを、色に例えて出題されました。例えば、「満開の桜の木を見上げると目に飛び込んできたのはピンク色の桜の花。あなたがピンク色で感じることは?」といった具合です。
b0160959_084017.jpg

他には「茶色(桜の木の幹)」、「黄金色(ビール)」、「赤(酔いで赤く染まった頬)」といった出題がありました。
b0160959_09185.jpg

休憩後は論評の部です。個人論評、総合論評とも的確に行なわれました。特に両スピーチへの論評は、それぞれの論評者がスピーチの不足部分に関してよい助言をされました。

表彰は、通常の三賞、テーブルトピック賞、論評賞、スピーチ賞に加えて、四季の言葉賞を設定しました。これは、四季の言葉を最も多く使った方に贈られる賞です。またテーブルトピック賞は、旬の出題に対して、「旬の人」賞としています。第1回例会の受賞者は写真の方々です。
b0160959_095075.jpg

[PR]
by sakurazakatmc | 2009-03-29 00:06 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)