ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第195回例会報告

この日は東京で最高気温が35度❗という蒸し暑い中、
他のクラブからゲストさんが3名参加されました。

b0160959_12034881.jpg


例会冒頭には、桜坂新役員の就任式が執り行われました。

エリアディレクター(一つの地域内の複数のクラブをまとめている人)により、誓約が読まれると役員のみなさんはいつもと違い、やけに真剣な表情で臨んでいました。

普段はゆる~く、ときには真面目になる❗という桜坂クラブの本質を垣間見ることができたかと思います。


今朝の司会は、今期の会長であるS.H.さん。


例会で積極的に使ってほしい四季の言葉として、「冷や」を挙げました。暑い中、少しでも涼しさを感じてほしいという気持ちの表れだそうです。ちなみに最近流行している「ヒアリ」とかけて、ヒヤリと言うのはダメらしいです(笑)


次にスピーチの部。


最初はH.S.さんで、スピーチタイトルは「アイラブドキドキ」

b0160959_09050678.jpg



人と話す際にかなりの緊張感があり、ビンゴゲームの当選者発表で前に出たくないから外れることを祈っていたという彼女の意外な過去が明らかになりました。精神科に行ってみたり、話し方教室にも行ったことがあったそうです。


意外な一面を発見いたしました❗


二人目はM.H.さんで、スピーチタイトルは「TM解説」

b0160959_09014970.jpg


スピーチや論評といったトーストマスターズの役割の解説と心構えについてのお話でした。新人さんはもちろん、中堅やベテラン会員にも大きな気づきがあって、大変勉強になりました😊


旬の出題(担当する人が出したお題に対して、即興で1~2分間でスピーチします。)


テーマには夏に食べたいもの、夏のおもいで、あなたの暑さ対策、この夏の目標が挙げられました。


「とうもろこしでバーボンが呑みたいよね~🎵」

「夏休みの宿題は7月までに速効で終わらせた」

「恐怖を体験して暑さを忘れよう❗」

といった興味深い回答がありました。


続いて論評の部。


スピーチの論評は他クラブのK.H.さん、Y.N.さんでした。お二人ともスピーチのマニュアル内容とスピーカーの話し方の特長を的確に分析されていて、非常に参考になりました。


その後、総合論評者から例会全体の感想が述べられました。


言葉番では、担当者から語彙や不用意な言葉(え~やあの~)についてビシビシと鋭い指摘がありました❗言葉の使い方に気をつかう桜坂クラブとしては有益な助言。クラブのためにも、これを次回へ生かそうと心に決めておきました。


最後は、表彰の部。


なんと、K.H.さんが旬の出題賞と論評賞のW受賞❗

そして、スピーチ賞には、H.S.さんが受賞しました✨

H.S.さんはマニュアルのプロジェクト通り、自分の主張を明確に伝え、
さらに聴いている人の感情を鼓舞させたことが受賞につながったのでしょう。

b0160959_08571481.jpg

最後にゲストの方のご感想をお話いただき、今回も楽しい例会が終了しました😆





[PR]
トラックバックURL : http://sztmc.exblog.jp/tb/26990459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakurazakatmc | 2017-07-15 18:19 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)