ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第167回例会の報告

第167回例会が2016年5月21日土曜日10時15分より、大田区民プラザにて行われました。出席者は会員13名に、ゲスト1名をお迎えしての開催です。

例会冒頭には、書記のSさんから「印刷代」についての動議があり、会長による議事進行のもと、結果、A3判1枚につき10円、A4用にカッターで裁断、コンビニ印刷は実費分の領収書提出、自宅プリンタ等で印刷は1枚10円、申告制となり、今後自己負担が軽減されることになりました。また、決議まで活発な意見が交わされ、トーストマスターズの動議、決議の方法を学ぶよい機会となりました。

その後、本日の司会(Toastmaster of the day)へバトンタッチ、今回は司会初担当のHさん。事前にしっかり準備され、落ち着いた安定感ある司会ぶりでした。

【四季の言葉】
四季の言葉とは、語彙を増やすため、例会中になるべく使うよう設定される言葉です。本日の例会名「風薫る五月の会」に関連し、四季の言葉は「薫り」でした。皆さん積極的に使用する姿勢が見られました。

【準備スピーチ】
1本目は、Tさんによる「マニュアル人間」(CC#02 スピーチの構成)
b0160959_0453536.jpg

マニュアルに対する否定的なお話しかと思いきや、昨今の保育園での事件を引き合いにマニュアルの大切さ、作成する側として気をつけたいことをお話しされました。

2本目は、Sさんによる「日本における働く女性の選択肢とは」(CC#03 ポイントを抑える)
b0160959_046070.jpg

硬いタイトルに反して、お母様とのやりとりが生き生きと伝わる楽しいスピーチで会場を盛り上げていました。

3本目は、Hさんによる「おもしろことば」(AC#02 楽しみの題材)
b0160959_0461970.jpg

ユーモアスピーチを谷川俊太郎の詩をはさんで面白くてためになる深みのあるスピーチでした。

【旬の出題】
旬の出題とは、別名「テーブルトピックス/即興スピーチ」といい、即興で出題されるテーマに対し2分ほどでスピーチするものです。本日の進行は、Tさん。得意の時事問題をもとに「不正請求について」「都知事の友達になったとしてアドバイスすること」「世界遺産に登録したいものは」とのちょっと難しいお題に対し、Kさん、Sさん、ゲストのNさん、3人とも見事なスピーチでした。
b0160959_0472388.jpg


【休憩時間を挟んで、論評のセッションへ】
個人論評では1人ひとりの準備スピーチへのフィードバックのスピーチをし、総合論評では例会の全体的な振り返りをしつつ、個人論評をした人へのフィードバックスピーチを行います。個人論評は、1本目のスピーチに対する論評をKさん、2本人目のスピーチに対する論評をKさん、3本人目のスピーチに対する論評をHさんが行いました。

皆さん、楽しく盛り上げながら、良かった点、改善したらもっと良くなる点を的確にアドバイスされました。
言葉番Tさんによる例会中の言葉の使い方の報告、本日の司会のHさんから四季の言葉の報告が行われたのち、総合論評者による例会全体のフィードバックが行われました。

【表彰】
四季の言葉賞はTさん、ゲストのNさんはおもてなし賞を受賞しました。旬の出題の最優秀賞はSさん、最優秀論評賞はKさん(2本目の論評者)、最優秀スピーチ賞はSさんでした。今回は全て女性が受賞されました。
最後にゲストの方のご感想をお話いただき、今回も楽しい例会が終了しました。
次回例会は6月4日土曜日10時15分から田園調布せせらぎ公園で行われる予定です。

[PR]
トラックバックURL : http://sztmc.exblog.jp/tb/25839888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakurazakatmc | 2016-05-26 01:54 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)