ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第166回例会の報告

こんにちは。東急東横線/多摩川線の多摩川駅前で活動しているスピーチサークル「桜坂トーストマスターズクラブ」のあゆーんです。

2016年5月7日土曜日、GW後半戦、新緑の木々が生い茂る心地よい気候の中、朝から元気よく集まったメンバーで、第165回目となる例会を開催しました。

出席者は大人17名。友人の結婚式に駆けつける前にスーツ姿で例会会場に駆け付けたK会長からは、明るく和やかなオープニングスピーチがありました。続いて、例会冒頭には、毎年恒例の「次期クラブ役員選挙」を実施しました。
b0160959_21454384.jpg

トーストマスターズは世界各国、全国各地にクラブがありますが、そのそれぞれのクラブで、その運営はクラブメンバーの協力のもとに成り立っています。今回の選挙では、そのクラブ運営を牽引していく7名のリーダー達を、民主的な手続きで決めるものです。・・・ともすると、厳かな雰囲気になりがちですが、明るくひょうきんなメンバー達が楽しく盛り上げてくれました!

本日の司会(Toastmaster of the day)は、次期会長に選出されたTさんが担当しました。
b0160959_21461630.jpg

今朝の言葉
例会中に積極的に使って語彙を増やそう!という取り組みの"今朝の言葉"は 「想定」。想定していない言葉の発表に驚きつつも、役割紹介や準備スピーチなどのなかで、皆積極的に使おうという姿勢が伺えました。

準備スピーチ
今回は3本とも日本語の基本マニュアルからのスピーチが行われました。

1本目は、Yさんによる「裏の顔」(CC#03 ポイントを押さえる)
b0160959_21465747.jpg

アクティブに活動するHさん。さっそくトーストマスターズでもクラブを超えて交友関係を深め、周りのメンバーのスピーチねたに隠された"裏の顔"について話しました。

2本目は、Kさんによる「リスクを考えることの重要性」(CC#09 パワフルな説得)
b0160959_21471317.jpg

一昨年に見事合格した社労士試験の経験をもとに、身近な例を様々取り上げて、一見難関に見えることに対してリスクを考えることと、リスクを考えずに行動することを対比させて話しました。テーマにあった独特の低い声と落ち着いた話しぶりが印象的でした。

3本目は、Hさんによる「チャレンジ」(CC#10 聴き手を奮い立たせる)
b0160959_21473142.jpg

基本マニュアル最後の課題は、最近目覚めたロッククライミングについて、新しいことにチャレンジする楽しさを話しました。クライミングの種類についての説明、クライミングに使っている道具や写真を見せながら話を展開させ、クライミングをしたことがない人でも興味を引くスピーチでした!
b0160959_21475353.jpg

休憩時間を挟んで、論評のセッションへ。

個人論評では1人ひとりの準備スピーチへのフィードバックのスピーチをし、総合論評では例会の全体的な振り返りをしつつ、個人論評をした人へのフィードバックスピーチをします。フィードバックをする前提だと、聴く力も養えますし、即興で相手を勇気づけるスピーチを実践を通じて学ぶことができ、これぞ学びあいの醍醐味だと思います(^^)
b0160959_21482061.jpg

例会が閉館すると、みんなで部屋を片付け、ランチや午後の予定に向かいます。休日の朝だからこそ、時間をつくって学ぶことで新たな発見や新しい人やものとの出会いがあります。
b0160959_21485691.jpg

次回例会は5月21日土曜日。月末の全国大会に出場が決まったHさんをゲストにお招きし、彼のさらなるスピーチの総仕上げを兼ねて、聴きながら学ぶ、いつもに増してお得な例会です。

ぜひ一度、ご見学にいらしてください!トーストマスターズが初めての方も、既存メンバーのご参加も大歓迎です!!
[PR]
トラックバックURL : http://sztmc.exblog.jp/tb/25773644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakurazakatmc | 2016-05-08 23:57 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)