ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第160回例会の報告

2月に入り立春がすぎた今日この頃、5日(土)10時15分より、田園調布せせらぎ公園多目的室で桜坂の第160回の例会が執り行われました。

今年に入って二人目の入会者が桜坂に来ました!トーストマスターズは先生がいないので、各会員で切磋琢磨し、スピーチやリーダーシップの向上をはかります。新しい会員が増えることは、新しい視点や考え方が増えるので、現会員の成長につながる素晴らしいことです。2周連続で入会される方がいることはとても素晴らしいことです。
b0160959_20171445.jpg


本日の司会は入会歴も長く、役員を務めている方でした。落ち着いた司会でとても良かったと思います。
b0160959_20174155.jpg


本日の例会では、準備スピーチが3本ありました。

1本目:CC1(アイスブレーカー)
b0160959_20182128.jpg

1本目のスピーチは、スピーカーにとって初スピーチということもあり、例会が始まる前に念入りに準備をされていました。その準備の成果もあり、とても落ち着いたスピーチとなりました。スピーカーはメモを持ってスピーチを始めたのですが、スピーチ中にメモを見ることはなく、堂々と観衆を見て話していたのが印象的でした。2本目以降のスピーチにも期待したいです。

2本目:CC5(ボディランゲージ)
b0160959_20184088.jpg

2本目のスピーチは、ボディランゲージに特に注力してスピーチを行うというものです。スピーカーは、時折、手振りをいれてスピーチを行っていて良かったです。特に良かったのが、顔の表情が生き生きとして話されていて、これも立派なボディランゲージだと、改めて感じさせてもらえるスピーチでした。

3本目:CC6(ボーカルバラエティ)
b0160959_2018564.jpg

3本目のスピーチは、声色の変化に注力をする課題のスピーチでした。スピーチの内容は、自身の経験から、兄弟が試験に苦しんでいるときに送った言葉が、実は相手にとって嫌なことだったということが分かったというもので、改めて自分意外の人の気持ちを理解するのが難しいと分かったスピーチでした。本課題であるボーカルバラエティが少ないことが論評でも指摘されていて、次への課題が明確になったスピーチではなかったでしょうか。しかしながら、話の構成は非常に素晴らしいものがありました。

旬の出題。テーマは「受験」でした。
b0160959_20193945.jpg


今朝の受賞者のみなさま。
b0160959_20203144.jpg


ここまでブログをお読みになった方、ありがとうございます。興味がある方はぜひ、見学に来てみてください。今年も残り11ヶ月をきりましたよ。ぜひ、お会いできるのを楽しみにしています。
b0160959_2021337.jpg

次回例会は、2月20日(土)10時15分より、田園調布せせらぎ公園多目的室です。
[PR]
トラックバックURL : http://sztmc.exblog.jp/tb/25339092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakurazakatmc | 2016-02-08 19:49 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)