ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第150回例会の報告

第150回例会が9月5日(土)10時15分より、田園調布せせらぎ公園多目的室で行われました。
ゲスト3人いらっしゃり、いつも通りの和やかな雰囲気で例会が開始されました。
b0160959_192476.jpg


開会の挨拶がK会長より行われ、司会進行は今回、初の司会を務めるKさんへバトンタッチ。
本日の言葉、「綺羅(きら)、星(ほし)のごとく」を発表いたしました。本日の言葉とは、語彙を増やすため、例会中になるべく使うように設定される言葉です。
なかなか使いづらいことばではありますが・・と司会自らが言いつつも、見事にメンバーは使いこなしていました。
b0160959_1123965.jpg


そして、旬の出題の部へ移り、進行はKさんが行いました。
旬の出題とは、別名「テーブルトピックス/即興スピーチ」といい、即興で出されるお題に対して2分ほどで答えていきます。
質問が始まるや否や、急に下を向き始めるメンバーもちらほら・・・(わたしもその一人です・・・ ^^ ;)
「この夏一番の思い出は?」「さんまとマツタケ、どちらが好きか?」など、ゲストにも参加を促しつつ、季節にまつわるお題が合計4題、出題されました。
b0160959_1132756.jpg


準備スピーチの部では二人がスピーチを行いました。

一人目はHさん、「楽しませるスピーカー」という上級マニュアルのなかからプロジェクトを選び、スピーチをおこないました。
スピーチのネタ探しに苦労し、作成しては練り直す、という作業に長い時間がかかって、ようやく当日を迎えた、というスピーチを行いました。共感できるメンバーも多くいた様子で、他人事とは思えません。
自分が困った様子からもユーモアを使い、とても楽しいスピーチを披露しました。

二人目はHさん、おなじく「楽しませるスピーカー」という上級マニュアルのなかからプロジェクトを選び、スピーチを行いました。
ご自分の仕事での転機を迎えるにあたり、生まれ育ち、今までの仕事、考えてきたこと、かかわってきたこと・・・人生を振り返り、今後の覚悟がひしひしと伝わってくる、熱いスピーチを披露しました。
b0160959_113628.jpg


休憩をはさみ、論評の部へ移ります。司会は総合論評者のSさんへバトンタッチをします。
論評とは、例会やスピーチについてのフィードバックを行い、よりよくなるためにはどうすればよいかをメンバー同士で発表しあう場です。
はじめに、準備スピーチに対しての論評を行います。一人目のスピーカーに対する論評をKさん、二人目のスピーチに対する論評をTさん(初の論評です!)が行いました。
次回は論評のスピーチコンテストということもあり、お二人とも論評に熱が入ります・・!
スピーチに対する良かった点をあげてモチベーションを高め、さらによいスピーチにするためにはどのようにすると良いか、というアドバイスも混ぜて約3分間、スピーチをしました。

言葉番Wさんより言葉の例会中の使い方等に関する報告が行われたのち、例会全体のフィードバックが総合論評者より行われ、いよいよ表彰の部へ。
旬の出題の最優秀話者はSさん、論評の部の最優秀話者はTさん、準備スピーチの分の最優秀話者はHさん(2番目のスピーカー)となり、本日の司会Kさんより、サプライズでお菓子(ハイチュウ)が送られました!
b0160959_1135523.jpg


最後にゲスト2名よりが入会表明があり、桜坂トーストマスターズクラブに新しいメンバーが加わることとなり、
明るく打ち解けた雰囲気で例会が終了となりました。

次回例会は、9月19日(土)10時15分より、大田区民プラザです。
[PR]
トラックバックURL : http://sztmc.exblog.jp/tb/24872587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakurazakatmc | 2015-09-10 01:00 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)