ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第122回 例会報告

2014 年7月5日(土)
第122回 例会の報告

第122回例会は、雨で足下が悪いにも関わらず、会員13名、ゲスト2名の合計15名でいつもと変わらない暖かい雰囲気のもとに執り行われました。
本例会は、初級マニュアルの課題スピーチが1本、上級マニュアルの課題スピーチが2本ありました。

1本目の初級課題スピーチ(CC#5)のプロジェクトは、「ボディランゲージ」でした。スピーチの内容はスピーカーがお寺に終業にいったお話でした。時折、禅を組むときの姿勢、お坊さんが警策(きょうさく)を叩く際のジェスチャーがありました。また、スピーカーの独特の間と話口調で引き込まれるスピーチでした。

2本目の上級マニュアルの課題スピーチ(AC#2)のプロジェクトは「お楽しみの題材」でした。スピーチのタイトルは「51」で、51から始まって元ビートルズのポール・マッカートニー氏の話になるとは誰も予想できないスピーチでした。観衆の予想を裏切り、とても楽しませてもらいました。

3本目の上級マニュアルの課題スピーチ(AC#3)のプロジェクトは「問題解決の討論」でした。討論のテーマは当クラブの会員数をどうするかというもので、ブレスト形式に意見を出し合い、有意義な討論を行いました。スピーカーの手慣れた様子で議論をリードする振る舞いは勉強になりました。また、論評の際に改善点として、議論で決定する点をより細分化した方がいい点も参考になりました。数量を決めるのか、動作を決めるのかなど。

本日の例会で無事チャーター3周年を迎えることができました。
これからも息の長いクラブを目指し、会員の皆様と成長していきたいです。

本例会の表彰者の写真です。

b0160959_1412944.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://sztmc.exblog.jp/tb/22911581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakurazakatmc | 2014-07-08 00:13 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)