ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第68回例会の報告

2月18日(土)10時15分より、せせらぎ公園集会室で第68回例会が行われました。前日は雪も舞い、積雪も予想されましたが、晴天に恵まれました。しかし相変わらず寒い日でした。

今朝のトーストマスターは教育担当副会長の女性が務めました。四季の言葉は「芽」。春も近づき、色々な芽が出て来そうな予感がありますね。今回は桜坂では初のスピーチマラソンということで、旬の出題はお休みし、下記4本のスピーチの披露がありました。

1.「リラックス」(CC#4表現方法、より)
b0160959_20381410.jpg

言葉の使い方を学ぶ課題。話し手の趣味であるテニスで、ある日コーチから「息してますか?」と問われたとのこと。呼吸からその人の力みの状態がわかるとのことで、リラックスすることの効果について説かれました。

2.「奇貨置くべし」(CC#2スピーチの構成、より)
b0160959_20395230.jpg

スピーチの構成法を学ぶ課題。話し手が最近読んでいる中国の歴史を描いた漫画を題材に、「奇貨置くべし」という言葉の意味について、作品の時代背景や勢力図等も交えて、分かり易くまとめられました。

3.「スピーチのネタ」(CC#6ボーカルバラエティ、より)
b0160959_20401792.jpg

声の変化を学ぶ課題。最近スピーチのネタが思い浮かばないという話し手の、何故そうなってしまったかの理由を探るスピーチでした。何でも「明石焼き」というスピーチをしてからアイディアが出なくなったそうで、スピーチを作るには一息つく余裕が必要という結論でした。

4.「Something Miracle」(AC楽しく話すスピーカー#1楽しませるスピーチ、より)
b0160959_2043251.jpg

聴衆の楽しませ方を学ぶ課題。仙台のクラブで行われた英語スピーチコンテストでのスピーチの再演でした。テレビショッピングのデモンストレーションという舞台設定で、その商品を売り込むという内容。その商品とは実は…という展開でしたが、スピーチの小道具である筈の手品の数々に目を奪われました。英語のスピーチでしたが、見せるスピーチで楽しませて頂きました。

休憩時間での談笑。
b0160959_20434293.jpg

今朝の受賞者のみなさん。
b0160959_20441590.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://sztmc.exblog.jp/tb/17832045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakurazakatmc | 2012-02-19 20:44 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)