ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第62回例会の報告

11月12日(土)10時20分より、せせらぎ公園集会室で第62回例会が行われました。前日が1が並ぶ日ということで、開会時の話題にしました。多分どこでも同じような話題になったと思います。

今朝のトーストマスターは、読書会にも参加されているという男性会員が務めました。そのため例会も「読書の秋例会」と銘打ち、必ずどこかで本の話題を入れるというテーマ例会となりました。四季の言葉は「蕎麦」。読書と絡まないところがミソです。

スピーチは下記3本です。

1.「私のパリ症候群」(AC情報を伝えるスピーチ#1知らせるためのスピーチ、より)
b0160959_1325417.jpg

情報の伝え方を学ぶ課題です。外国人がパリに行った時に感じる違和感について、パリ赴任歴のある話し手が、フランスの文化的背景に迫りながら、パリ症候群について解き明かしてくれました。

2.「言葉の魔力」(CC#4表現方法、より)
b0160959_1332281.jpg

言葉の使い方について学ぶ課題です。関西から関東へ転勤でやって来た話し手が感じた関東と関西の言葉の違いについて、職場での体験を踏まえて、関西人としての立場を明確にしたいという思いを語られました。

3.「記者発表 華氏451プロジェクト」(AC広報宣伝活動#4攻撃の中のスピーチ、より)
b0160959_133546.jpg

敵対する聴衆へ問いかける手法を学ぶ課題です。桜坂政府の記者会見という設定で、今から10年間で紙の印刷物をゼロにする、というプロジェクトを説明するという趣向でした。紙の代わりに電子閲覧器を配布するという今風の要素も取り入れての説明でした。参加者全員が「華氏451」を知っていたという状況が興味深かかったです。

旬の出題は、もちろん読書で下記のお題でした。
b0160959_1344576.jpg

1.「今まで読んだ本で泣けた本」
2.「今まで読んだ本でお勧めの本」
3.「今まで読んだ本でお勧めの本」

論評では、前置きが長い、聴衆のニーズとの合わせ方、等に関する助言がありました。

今朝の受賞者のみなさん。
b0160959_135924.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://sztmc.exblog.jp/tb/16923228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakurazakatmc | 2011-11-17 01:35 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)