ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第40回例会の報告

11月13日(土)10時15分より、田園調布富士見会館第2和室で第40回例会が行なわれました。秋晴れの中、穏やかな午前のひととき、来る途中のせせらぎ公園では子供たちのフットサル大会が行われていました。

今朝のトーストマスターは自転車で30分程度の距離にお住まいの男性が務めました。四季の言葉は「流星」。以外にも秋の季語とのことでした。流星というと夏のペルセウス座流星群、冬の双子座流星群が代表的なものなので、少し季節感が微妙ですね。

スピーチは下記2本です。

1.「縁は奇なもの」(C&L#9知識を持って話せ。より)
b0160959_114715.jpg


2.「胸にぽっかりと開いた小さな穴」(CC#10聞き手を奮い立たせる、より)
b0160959_1145740.jpg


今回は旬の出題はお休みにし、下記のワークショップを行ないました。

「傾聴~効果的な聞き方③」(サクセス/コミュニケーションシリーズ、より)

論評はスピーチ2本とワークショップについて行なわれました。
b0160959_1162241.jpg

今朝の受賞者と参加者のみなさんです。
b0160959_116501.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://sztmc.exblog.jp/tb/14413662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakurazakatmc | 2010-11-16 01:11 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)