ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第39回例会の報告

10月23日(土)14時より、せせらぎ公園集会室で第39回例会が行なわれました。現在、多摩川駅構内にあったコンビニエンスストアが閉店になっています。ここで懇親会の買出しやコピー等をしていた我々にとってはかなり痛手です。と同時にこの周辺が住宅地、行楽地であることがよくわかりました。桜坂クラブをこの地域に似合うクラブにしていきたいものです。

今日のトーストマスターは道産子の男性が務めました。四季の言葉は「三昧」。秋は「●●三昧」という言葉が良く似合う季節です。今の時期だったら栗三昧というところでしょうか。栗のお菓子がよく並んでいます。

スピーチは下記3本です。

1.「キメラ」(CC#7トピックのリサーチ、より)

予めリサーチされた情報を元にスピーチをする課題です。アメリカの科学警察ドラマ仕立てで進行するキメラの話題でした。生んだ子に親子関係が認められないという遺伝子上の問題について、バニシングチャイルドの話などを絡めて、解説調の語り口で興味を引き付けられる内容でした。

2.「流行」(CC#7トピックのリサーチ、より)

同じ課題でのスピーチ。満員電車、人ゴミという日常的な話題を、通勤時にそれを如何に回避するかについて、実際の研究成果を元に話されました。人をよけるタイミング、アイコンタクトなど、実用的な情報に富んでいました。

3.「一期一会」(AC対人関係のコミュニケーション#1気楽に会話する、より)

個人間のコミュニケーションの取り方を、ロールプレイを交えて学ぶ課題です。初対面の人同士が会話を繋いで行く過程を、旅行先のバスの社内、パーティーの席上、といった場面設定を使って演じられました。
b0160959_8261052.jpg

旬の出題は、秋の祝日をテーマにした下記4題です。

1.「文化の日に関連した企画を立てるとしたら」
2.「私の特異日(特定のことが必ず起こる特定の日)について」
3.「周囲の人が働く姿に感動した経験」
4.「自分が何かを収穫した思い出」
b0160959_8265150.jpg

論評では、例会の雰囲気作り、不足の事態への対応等についてのコメントがありました。ケーススタディになる機会の多かった例会ということですね。

今日の受賞者と参加者のみなさん。ハロウィンに合わせた演出も少ししています。
b0160959_827101.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://sztmc.exblog.jp/tb/14273496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakurazakatmc | 2010-10-24 08:24 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)