ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第36回例会の報告

9月11日(土)10時20分より、田園調布富士見会館第1和室で第36回例会が行なわれました。2ヶ月ぶりの富士見会館でしたが、せせらぎ公園を抜けていく近道からの界隈では、工事中だったマンションなどが完成していて、景観が幾分変わっていました。付近は空き地も目立ち、田園調布にも時代の影が忍び寄っている感じです。

今朝のトーストマスターは、夏休みをたっぷり取られた会員が務めました。四季の言葉は「パーフェクト」。夏休みを有意義に過ごされて、パーフェクトな調子での例会参加といったところでしょうか。

スピーチは下記2本です。

1.「アンチ魂」(CC#4表現方法、より)
b0160959_16123697.jpg

言葉の使い方を学ぶ課題です。主流に対して反主流の立場を取るとき、「アンチ××」という表現を使いますが、常に少数派の立場を貫く話し手による、長いものに巻かれない生き方のエッセンスについて、最近の話題である地デジを例として、アンチ魂を感じさせた内容でした。

2.「朋子が一番! -本気でほめる-」(CC#9パワフルな説得、より)
b0160959_1613412.jpg

人を説得する方法について学ぶ課題です。今は亡き父親が生前言った「朋子が一番」という言葉。その言葉が自分に与えた影響から、人を心から褒めることとはどういうことなのか、について、主に情緒に訴える日本人的な説得力あるスピーチに仕上げられました。

旬の出題は、秋らしく「旬の食材」をテーマとした下記のお題でした。
b0160959_16132353.jpg

1.「通販でこれは買って良かった、と思えたものについて」
2.「秋の目標を一つ上げて下さい」
3.「死ぬ前日に食べたいものは何ですか」
4.「究極のリラックス方法を教えて下さい」

論評では、そのスピーチをするに至った経緯を聴かせて欲しい、といったご感想を頂きました。
b0160959_16134876.jpg

今朝の受賞者のみなさんです。
b0160959_16142387.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://sztmc.exblog.jp/tb/13984965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakurazakatmc | 2010-09-12 16:14 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)