ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第27回例会の報告

4月24日(土)14時より、せせらぎ公園集会室で第27回例会が行なわれました。相変わらず肌寒い日々が続く中、桜の花も散り、せせらぎ公園の木々には新緑が見られました。

今日のトーストマスターは発起人が担当しました。四季の言葉は「葉」。改めて言葉として見ると意外と使いにくいものだな、と思いつつも新緑から連想しました。

スピーチは下記3本です。

1.「パーソン・オブ・ザ・イヤー Person of the year 」(AC特別な機会のスピーチ#1乾杯のスピーチ、より)
b0160959_0412737.jpg

乾杯の時のスピーチの仕方を学ぶ課題です。ある映画祭で年間最優秀賞に輝いた映画監督を祝う席でのスピーチという設定でした。その映画とは青木が原の樹海での自殺者を追ったドキュメンタリー作品、という凝った内容です。話し手は外国人の方ですが、テレビ番組からスピーチの着想を得たそうです。

2.「パイナップルを食べよう」(CC#8ビジュアルエイド/視覚器材、より)
b0160959_042916.jpg

視覚器材を使って見せるスピーチを学ぶ課題です。食生活に果物を欠かさない話し手による、パイナップルの正しい切り方の実演スピーチ。料理番組のように、切られる前のパイナップル、皮が剥かれたもの、剥いた後のもの、という3つのパイナップルを準備し、切る手順を説明されました。目から鱗のスピーチでした。

3.「即興で話す」(ベタースピーカーシリーズ、より)

様々な状況でより上手に話すためのこつを学ぶセミナーシリーズです。今回はパーティーなどで歓談中にスピーチを求められた場合の即興での話し方を、実例を交えて説明しました。即興でうまく話すにはまず情報収集からということで、今何が話題となっているのかを知る、そして手短に自分の考えをまとめるといった、即興スピーチの「公式」を知りました。

旬の出題は、最近の寒暖の差を切り口に個人の内面を探る内容になりました。
b0160959_0425187.jpg

1.「あなたの中の暖かい部分と冷たい部分について話して下さい」
2.「今までに良かったと思える出会いがありましたか」
3.「今までに悲しい別れがありましたか」
4.「一番初めに仕事をした時の思い出を話して下さい」

論評では良かった点として、「単純に楽しめる内容」、「資料等の準備の良さ」、改善点として、「うろうろしない」、「場を和ませるユーモアを使う」といったご指摘を受けました。
b0160959_0431678.jpg

今日の受賞者と参加者のみなさんです。参加者のお一人からは久しぶりに入会表明を頂きました。
b0160959_0433724.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://sztmc.exblog.jp/tb/13202942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakurazakatmc | 2010-04-25 00:23 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)