ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第22回例会の報告

2月13日(土)10時15分より、せせらぎ公園集会室で第22回例会が行なわれました。明日はバレンタインデー、職場での義理チョコの配布は前日という狭間で、粉雪の舞う中での例会となりました。

朝例会は2回目。今朝のトーストマスターは徒歩圏内にお住まいの女性です。今朝の言葉は「緑」。雪の舞う中で、敢えて次の季節を意識してとのことでした。旧暦では春節ですね。

スピーチは下記3本です。

1.「低体温症について」(CC#2スピーチの構成、より)
b0160959_15541457.jpg

序論、本論、結論というスピーチの構成を学ぶ課題です。低体温症の話し手による、低体温症の原因と対策についてのお話。慢性的な低体温症は不規則な生活やストレスから来るとのことで、体温を上げるために寝る時はフリースを2枚重ねにするなどの具体例をお話しされました。

2.「心の声を聴く」(CC#3ポイントを押さえる、より)
b0160959_15544372.jpg

スピーチをする上での主題と副題、押さえるべき焦点等について学ぶ課題です。スピーチ上達法について、アドラー心理学による方法を取り入れている話し手による、悪魔のささやき、天使のささやき等の具体例を交えたスピーチは説得力がありました。ポイントはやはり自分を褒めることだそうです。

3.「紹介を工夫する」(ベタースピーカーシリーズ、より)

一つ上の話し手を目指す方のためのワンポイント講座的シリーズの3回目です。今回はTMの例会や講演会等で話し手を紹介する時の紹介の仕方について、工夫すべきポイント、してはいけないことなどを実例を交えながらのスピーチでした。

旬の出題は、今日から開幕のバンクーバー冬季五輪に因んだ出題でした。
b0160959_15555249.jpg


1.「地球温暖化がこのまま進んで行く中で、20年後の冬季五輪の開催に賛成または反対ですか」
2.「江戸時代の人にハーフパイプを説明するとしたらどう説明しますか」
3.「冬季五輪に動物を使った新種目を作るとしたらどんな種目を作りますか」

論評の部では下記の指摘を頂きました。

◎良かった点

・スピーチ中の無駄な動きがない。
・具体例の出し方が良かった。緊張感をコントロールしている。

◎改善点

・結論部分への言及が不足している。
・メモを見ないようにする。
・スピーチと関係ない前置きは不要(特に前のスピーチへの感想を述べることなど)。
b0160959_155623100.jpg


今朝の受賞者のみなさんです。
b0160959_15564563.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://sztmc.exblog.jp/tb/12839704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakurazakatmc | 2010-02-14 15:53 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)