ブログトップ

話し方で四季を彩る 大田区 多摩川 桜坂トーストマスターズクラブ

第21回例会の報告

1月23日8(土)14時より、せせらぎ公園集会室で第21回例会が行なわれました。ここ数日の寒気も和らぐ真冬の午後のひととき、といった趣きでした。

今日のトーストマスターは、予定されていた方が体調不良で急遽欠席となったため発起人が行ないました。急な変更にも慌てず対処する、格好のリーダーシップの機会となりました。今回は懸案であったクラブ役員を決定しました。これにより、クラブ運営がよりスムースになることと思います。そんな思いも込めて、四季の言葉は「力強く」。

スピーチは下記3本です。

1.「天国からのメッセージ」(CC#4表現方法、より)
b0160959_172072.jpg

言葉の使い方に注目した課題です。かつて住んでいた場所にほど近い庭園、咲き乱れる植物と旬の風情、そして人との交流。植物を交えたエピソードから、ファンタジックなお話しが紡ぎ出されました。正に言葉の持つ表現力を感じさせる内容でした。

2.「私の趣味の変遷」(CC#1アイスブレーカー、より)
b0160959_1723483.jpg

入会者が最初に行なう課題です。趣味がコロコロ変わるという話し手の、小学校時代から現在に至る趣味の変遷を通して、ご自分の人物像が浮き彫りにされました。必ず3年周期で変わるという趣味の変遷にもある種の一貫性が感じられました。

3.「3種の神器」(ACユーモアのあるスピーチ#2聴衆の笑いに余韻を残す、より)
b0160959_173748.jpg

ユーモアスピーチにおける余韻の残し方を学ぶ課題です。家庭における3種の神器として、洗濯機、電子レンジ、テレビを上げ、それに纏わるエピソードを小気味よく話されました。3種の神器の本来の意味にも触れ、関連付けも行き届いていました。

旬の出題のテーマは「暖かいお話し」。寒い季節なのでスピーチで暖まりましょう、という趣向でした。
1.「料理に纏わる暖かいお話し」
2.「家族に纏わる暖かいお話し。
3.「仕事に纏わる暖かいお話し」
4.「非日常に纏わる暖かいお話し」
b0160959_1744828.jpg


論評では、スピーチを補う体の動きの使い方、イントネーション、最後のオチの付け方などについての指摘がありました。
b0160959_1753181.jpg

今日の受賞者のみなさんです。
b0160959_176382.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://sztmc.exblog.jp/tb/12722187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sakurazakatmc | 2010-01-24 17:03 | 6. 例会報告 | Trackback | Comments(0)